演劇お祭り

0

    こんにちは。

    谷口継夏です。

    カブフェスへご来場の皆様ありがとうございました。

    今年のカブフェスは如何でしたか?

    私は楽しかったです。


    次はこの公演に行こう!、

    あの劇団さん良かったよね、

    これも観たいけどどうしよう、

    なんて言葉を聞けて、

    ああいいなあ。お祭りってやっぱこうだよなあって。

    お客さんが楽しんでいる姿を見られるのが素直に嬉しかったです。


    そんな私は大書院で縁日コーナーを勤めてましたよ!



    『玉入れ』ですね。誰がなんと言おうと。

    この玉入れは少し変わっていて、役者が体を張ったものなのです。


    この企画者は私ですね笑

    社長や劇団の先輩方に色々アドバイスを頂きながら、《役者とお客さんの距離をより身近に》というコンセプトで作りました。

    実際参加して改めて思い直したけど、このカブフェスって今までそんなに取れなかった役者とお客さんの接する時間が多く持てるフェスだなと。

    いつもの感謝を伝えられる大事な時間なので大切にしたかったのです。


    カブフェスでは縁日コーナーでずっといたので舞台を観ることはできませんでしたが、お客さんと沢山の時間を過ごせたので私は満足しております。

    コバヤシライタさんのマジックは昨年から欠かさず観ていて、今年も観れたので嬉しかったです(^^)

    また、こんな時間を作れたらいいなと思っています。

    皆様どうかこれからもよろしくお願いします。




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode