オープニングダンスの真相。

0
    こんにちは、またまたかんちゃんです。
    出しゃばりすぎてすみません。
    だって言いたいことがたくさんあるんだもの!!

    私今回、オープニングダンスの振り付けを担当させて頂きました。

    社長からの指示は「なんか賑やかで派手で混沌とした感じにして」でした。



    ( ゜ν゜).。oO()



    (。゚ω゚) ハッ!



    そこで思いついたのが、ネタバレしない程度にストーリー性を持たせよう!でした。


    ↓以下、ストーリーをかいつまんで紹介。

    ......................................................


    シロクロの「オープン!!」の掛け声と共に扉から浮世の国の住人たちが次々と飛び出してきます。




    不思議の国のアリスのトランプ兵のような住人たちは、腕を広げると赤白の花札になります。




    テンションの高い花札たちが、アリスを歓迎していると、楽しそうな雰囲気にカメが走り込んできます。ウサギはからかって、アリスそっちのけで追いかけっこを始めます。




    段々と雲行きが怪しくなり、赤の花魁と白の大名が登場します。二人はそれぞれの花札を使って戦い始めます。






    そこへ浮世絵師が戦いを盛り上げようと、最も強い光札四枚を次々と描き上げました。が、五枚目はどうしても筆がのりません。




    すると、その後ろからきらびやかな装いの少女が迷い込んできます。




    笑顔の素敵な少女は赤の花魁に目をつけられ、色とりどりの装いは次々とちぎられて捨てられていきます。





    姿かたちがすっかり変わってしまった少女は自分が何者か分からなくなり、花魁についていきます。



    アリスが追いかけようとすると、開かれた扉から命が吹き込まれた花札が次々と登場します。

    誰かを探す猪、元気よく飛び出てくる鶯、競争している亀、歩いてくる燕の視線の先には鶴。

    それぞれの交錯した想いがアリスを取り囲みます。




    さぁ、浮世の国のアリスの始まりです。

    ......................................................

    これを、役者22人全員出演させて表現しました。

    今まででせいぜい1〜3人のダンスしか作ったことなかったので22人のフォーメーションを考えるが一番大変でした。




    もうパズルのような迷路のような感じで頭が混乱しまくって一日中ダンスのことばかり考えていました。使用曲は1,000回以上聴いたと思います。

    衣装さんに案を貰い作って頂いたダンス衣装はなんとそれぞれの身長に合わせた作り!その衣装を活かす振り付けを考えたりするのも楽しかったです。


    あと、お気づきの方いたでしょうか、オープニングダンス中、赤の花魁が剥いでいた少女の布ですが、



    このキラキラの布、ラストシーンで出てきます!



    そうです、牡丹に蝶の羽根として生まれ変わります!


    この布をうまい具合に装着するのに苦労しました。



    はるぅのおかげで中国の民族衣装みたいになった☆はるぅありがとう。



    ダンスやフォーメーションのイメージはあるのにうまく説明できず、役者や音響さんにたくさん迷惑を掛けてしまいました。

    でも、皆の練習や笑顔、照明の豪華さ、音楽の編曲で、思ってた以上のものが出来ました!最終的には大変満足です!!


    はやくDVDが観たいなぁ!!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode