うちのたいしょう。

0
    こんにちは!
    宮本です!



    先日はまっこと寒い中ヨコクラうどん公演『愛の刃』足を運んでいただきましてありがとうこざいました!

    普段、感想で「かっこよかった」って言ってもらえることなかったので、今回は違う感想たくさんいただけて嬉しかったです。


    3年前は占い師やりながら、ずっとずっとじつは平間がやりたくて。
    今回、この役をもらえたときはすっっっっっごく嬉しかったのです。


    でもじつはこういう、人が沢山出てくる芝居でこんな重要な役になることって今までなかったから、こっそりプレッシャーでもありました。

    だけどもそこはうちの大将、鴨役やすおさんがいい感じに場を荒らして引っ張ってくれて。
    やすおさんてこんなに頼もしかったのか!
    とか失礼なことも思ったりしてました。

    鴨さんと最後の浪士が同じ役者というのは、3年前の玉井さんの演出の時と同じで。
    私は当時そのキャスティングを聞いて、言い表せない萌えを覚えたものですが、今回、自分がいざその渦中に入ると、ああなるほど。
    と思いました。


    なかなか最後、稽古の時も、浪士についていく決心てつけにくかったのですが、実際の現場で、照明が入ってあのシーンをやったとき。
    それまではっきり見えてなかった浪士の顔が照明に照らされて見えて、鴨さんと重なって。
    ああ、江戸に行こうって平間に言ってくれたとき、こんな感じだったんだなっていうのが想像出来て、自然に言葉がでました。
    現場ってすごい。




    そんなこんなの『愛の刃』。
    毎回稽古が楽しくて、終わってしまったのが寂しくてしかたないですが、いつかまた再演のときには、また平間がやりたいな。


    ぜひそのときはまたさらにパワーアップして。


    いろんな愛を、また感じてもらえたらいいなと思います。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode