歌舞鬼の国の裏作業

0

    こんにちは! 再び遠藤みかです。

     

    前回の私のブログでは"アリス"として考えていたこと、思ったことをツラツラと書き綴っていましたが、今回は私の役者以外の部分、"裏方スタッフ"としてのお仕事を紹介させていただこうと思います。

     

    まずはコレ!

     

    iPhoneImage.png

     

    フライヤー(サイズを変えて2種類)、ポスター、WEBサイト、チケット、パンフ…などなど、宣伝美術としてのお仕事です。

     

    「浮世の国のアリス」のテイストと「傾奇者のパレード」のテイストを加えつつ、アリスの賑やかで不条理な感じを出したいなぁと考えながら作りました。ロゴには光札たちが隠れています。どの文字が誰だか分かります?

     

    衣装のまみたすも少し触れていましたが、今回は前作「傾奇者のパレード」に比べてフライヤーにビジュアルを登場させるキャラが多かったので、その撮影、加工処理だけでもヘトヘト…。稽古が休みの日にはネットカフェにこもって日付が変わるまでやっていました(家のパソコンは古すぎて使えないのです。そろそろ買い替えなきゃ!)。


    来る日も来る日も薄暗い、タバコの臭いが充満したネットカフェに缶詰状態…。
    思い出しただけでも嗚咽が漏れそうなので、この話はこの辺で。


    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

    ▲撮影中の様子です。役者だけではなく、照明、メイク、カメラ、撮影補助など、いろんな人の手がかかっています。

     

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

    ▲いろんなパターンで何カットも撮影していました。

     

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

    ▲道風さん、髪をカットするためにゴミ袋を被っています。すごい絵だ。


    そして裏方としての私のもう一つの顔は、本公演時に本領発揮の物販担当。
    ただこちらは孤独な宣伝美術と違って、複数名でチームを組んでやっています。

    おなじみ、カブゥの新作Tシャツ。

     

    マエカブ 歌舞鬼の国のアリス

     

    原画:藤井みな 編集:遠藤みか、という、毎回恒例のタッグを組んで作成しています。
    具体的には藤井が原画を数点書いてその中から団内で人気投票してデザインを決定させて、決定したものを私がパソコンを使ってパスデータに描き起こし、商品化を行うための清書作業を行います。
    今回はスタイリッシュなネクタイカブゥ。大人気でした。


    登場キャラクターたちのイラストを描くのは、与力(よりき)画伯。
    よりから届いたイラストを私が商品化させるという、こちらもお決まりの流れ。シールや缶バッジ、ボールペンなどになりました。こちらも全て完売するほど大人気!

     

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

     

    小川はるぅはPOP作りの名人なので、ブースをPOPで飾ったり、あと衣装チームとしての腕を生かして、道風のシュシュも作ってくれました。この道風シュシュには、燕と蛙のチャームも付いてるんですよー。

     

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

     

    衣装おがさまみ。アリスシュシュ、カメ巾着、浮世絵師巾着(ステンシルは浮世絵師本人の池上:作)、鶴コースター、月コースターを担当してくれました。

     

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

     

    私は、桜ブレスレット、鳳凰イヤリング、マエカブキブックマーカーというアクセサリーを担当しながら、パッケージなども作りました。

     

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

     

    これらのハンドメイド商品は数が少なかったため開演前は購入数制限を設けるなどさせていただきましたが、それでも物によってはどの上演回も開場と同時に売り切れてしまったりして…申し訳ありません。
    マエカブ社長も「俺だってアクセサリーなら作れるし!」と言っていたので、今度また販売を行うことがあれば社長に500個くらい生産してもらっておきます。

     

    さらに今回は物販ブースの助っ人スタッフとして、みやぶんを召喚。事務処理などをやってくれていました。

     

    物販メンバーは以上ですが、私達だけじゃ当日のブースを回しきれず…岡山から来ていただいたKさんには本当にお世話になってしまいました。お礼しか言えませんが、本当に本当にありがとうございました!

     

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ


    それからそれから、今回は小道具も少しお手伝いさせてもらいました。

    アリスや浮世絵師、親たちが持っていた「花札」。
    市販の花札だと小さすぎて舞台映えしないので、手のひらサイズに拡大してベロアや厚紙でいい感じに仕上げました。高級花札やでー。
    自分(アリス)が受け取る花札を自分で制作するという。あるあるですね。

     

    アリスが最後に持ってた誕生日ケーキも本人(私)作。
    実際、ローソク(本当は竹の串にマステ巻いたもの)は39本刺さっているのですが、最初に仕上げて稽古場に持っていったとき間違えて29本しか刺せていなくて、それはそれはもう、散々な言われようでした。「おい、誤魔化すな!」とか「気持ちは分かるけど、そこはちゃんとしようよ」とか。わざとじゃないからね! マジで! 数を数えられなかっただけだから!

     

    歌舞鬼の国のアリス マエカブ

     

    わりとそれっぽく見える立派な作りですが(自画自賛ね)、数時間で作れました。
    紙粘土、シリコン、絵の具、ニスなどを使っているので、本当は数日置いて乾かしたりしなければいけないんですけど、全部無視して突貫で作りました。そのため、よく見ると絵の具が滲んでしまったりしていますが、まぁ、妥協できるところかと。あんまりマエカブで小道具に紙粘土って使ってなかったですが…
    アリですね、紙粘土。\アリだー!/


    おおまかな仕事といえば、こんな感じでしょうか。
    好きでやってることなので苦でもなんでもないですが、そこそこ色々やってますね。私に限らずですが。

     

    そんなこんなで「歌舞鬼の国のアリス」。
    先週の今頃はホールで必死に準備を進めていたのに、1週間ってあっという間ですね。早い早い。

     

    週が明けた頃(日にちは未定です)には舞台本番の写真なんかの準備も整いそうなので、お楽しみに!


    以上、遠藤みかでした!


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode