みやもと、みやぎで一人芝居するってよ!

0

    今年も残すところあと11日!
    そんな中こんな中、発表されました、
    12月23日!宮本の一人芝居in宮城!!
    どうも。宮本です。

    なぜ宮城県?
    なぜ宮本?


    その謎をご説明致しましょう。


    そもそもの発端は昨年2015年の春公演。 東京凱旋公演とマエカブ新人公演の同時上演をした、春のヨコクラうどん公演です。

    その際、アンケートに【印象に残った役者】の欄があり、
    「1位になった人がくじ引いて、当たったところに行って公演する。」
    という企画が打上げにて電撃発表されました。
    その詳細はコチラ→http://maekabu.jugem.jp/?cid=23
    RINちゃんのブログ「彼の名は、マッチ…そしてアレ」にてご確認ください。

    そう。ブログにあった通り
    1位はRINちゃんだったのです、
    が。
    御本人多忙につき。
    ありがたいことにそのアンケートでRINちゃんに次いでの次点でしたあたくし宮本にお鉢が回ってきたということでございます。
    ?? ?(灬 ?ω? 灬)? ??


    しかし、本格的にこの企画を動かし始めたのは、先月11月のこと。
    それこそ、カブコレ2のヨコクラうどん公演本番日あたりのこと。
    その時にやっと、


    「やべぇ!2016年もう1月ちょっとしかねぇ!」ゲッ!(???|||)

    となりまして。

    まず宮城県までのアクセス方法を検索し。
    急いで一人芝居の台本を探し。
    上演場所や方法を模索し。

    なんとかかんとか、年内の宮城県芝居の公約をはたす見通しが立ちました次第でございます。
    脚本はカブコレ2でもお世話になりました。
    「君にときめく」の作者。
    劇団さよなら の長谷川彩さん作。
    『そして、彼女は』
    すごく面白いお話なので、また香川でも見てもらいたい演目です。
    そして、今回の公演にあたり忘れては行けない存在が地元の宮城教育大学演劇部の皆様。

    当日イベントのアフターとして、この方たちの暖かいご協力のおかげで、我々は今回、宮城県で芝居がうてます。

    ほんと、ありがたや。


    RINちゃんの代打!
    宮本、人生初東北上陸!
    そして一人芝居!
    なんとも美味しくも、大変責任のある役を仰せつかりました。
    まあでも、
    取り敢えず楽しんで来たいと思います。
    宮本にとっては今年ラストの公演ですし。
    悔いのないように、思いっきりやりきれたらいいなあ。
    牛タンと雪が楽しみ!


    ということで!
    宮本!
    頑張ってきます!


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode