弱クエ終演

0
    もう一週間なのですね。
    「弱虫クエスト」無事に幕が下りました!

    どうも。
    宮本です(  ˙?˙  )




    昨日はマエカブの稽古場に再集結して、記録用に録画していた動画の上映会。



    上映会が終わってから、1人また1人と丁寧な挨拶を頂いて去って行く雰囲気がまるで本当にRPGのラストみたいでして。
    またその後のライングループの賑わいも凄まじく。
    こんなにみんなが寂しがってくれるなんて、幸せなことだなとしみじみ思いました。


    改めまして、御来場下さった皆さま、ありがとうございます!
    楽しんで頂けたようでよかったです。(?´ω`?)


    この企画を随分前に聞いた時には、一般の方と一緒にホールで人権劇をするっていうのが、全然実感がわかなかったというのか本当のところでした。
    それが気づけば平塚さんの脚本ができて。
    8月にオーディション。
    9月に入ってからの稽古。
    約3ヶ月のその間、みんなもちろん自分の仕事や学校や習い事があって、忙しい中の稽古。
    本番前日の夜に初めてフルメンバーが揃うというハラハラドキドキな現場。
    いろんな意味で刺激的でした。


    今回の座組は下は8歳から上は60代。




    普段演劇をしない方も混じっての芝居作りは大変新鮮でした。
    いつもマエカブでやってる当たり前なことが当たり前には通じないので、ひとつひとつ意識して、話し合って、伝えて、作って。
    でも自分がどこかに置いてきてしまった素直な表現にはすごく羨ましくなったり。
    時にはぐるぐる混乱して泣いたり、打ちのめされたり。
    でも新しい事にも挑戦できたり。
    楽しかった。。



    それにつけても。
    今回ひしと感じたのは、子どもの元気さ。
    参加者小学生たちの弟君や妹ちゃんも集う稽古場でしたがあいつら毎回げんき!!


    休憩中に大人を休憩させないw
    走る、投げる、叫ぶ、笑う、泣く、鳴く。
    自由か!(笑)
    もう、ほんと、あの小さな体のどこからそのスタミナ?!とビックリの毎日。

    でも普段、こういう小さな子たちと関わる機会も少ないので、
    どうしたら伝わるのか。
    どう付き合えばいいのか。
    どう向き合えばいいのか。
    考えるのは難しくも楽しかったです。 基本みんないい子達なので、きちんと話すと分かってくれるし。
    そこがまた可愛い。
    ほんま、ええこたちやで。

    でもそんな子供たちを迎えて一緒に取り組んでくれる座組みの雰囲気が1番尊いものだったのではないかな、ともおまいます。
    サポートしてくださった坂出市人権課の方も含め、保護者、ご家族のみなさんがすごく協力して場をまわしてくださって、本当にあったかい現場でした。
    ありがとうございました。

    今後、彼らがこの現場や経験を心の片隅とかでそっと覚えていてくれて、いつかどこかで未来の子供たちに優しくあれる大人になってくれたら嬉しいなあ、なんてほんのり思います。


    しかし、「はっちんは何年生?」と聞かれた時には驚いた。
    まだまだ宮本、いけるみたいです。


    田畑さんや明樹さんのWS、指導も含めて色んな意味で原点を思い出させてくれる貴重な公演でした。
    参加できて、よかった。




    やっとほんとうに終わったんだな、としみじみ。

    さて。

    次!


    じんけんフェア2018inさかいで「弱虫クエスト」無事終了しました(長い)

    0
      先日はじんけん(略)弱虫クエストに御来場、誠にありがとうございます!


      ごろつきのいっしんにずっと「四国一の変態」と褒められていた高木です。

      いっしんすまん・・・
      香川では1かもしれんが四国では2番目なんだ・・・
      な!画面の向こうで唐揚げ貪ってる高知の人!!



      私信すみません。
      先ずはお礼から。

      今回無事幕を下ろせたのは観に来て下さったお客様はもちろん、坂出市、坂出市役所人権課の方々、坂出市民ホールの職員の方々、
      台本を書いて頂いた平塚先生、当日手伝ってくれた方々、一般公募の方々、そしてマエカブのみんなのおかげです。
      本当にありがとうございました!!!!


      自分、今年初めてのお芝居だったんですが割と今年の悔いはもう無いです←

      いやー・・・


      ホンマに楽しかった・・・


      絶賛ロス中です(:3_ヽ)_


      Twitterにも書きましたが、
      一般公募の方々上手ない!?
      みんな私生活に闇抱えすぎなんか!?(偏見)




      今回「人権劇」に取り組ませてもらって、いつも何も考えてない自分も少し考えるきっかけになった気がします。
      自分は凄く単純に考えてしまうのですが、あれは「人権」というものが無い世界なんだろうなと思いました。
      いや、怖い怖い。
      割と自由に生きてる自分にとってはあれは無理だなー。(前の勇者は別)

      とまあ、こんな風に「人権」というものを考えるきっかけになっていればいいなと思う次第です。

      社長とも市長ともお話しましたが、これ全国でやったらいいと思いました。
      他でやったらどんな演出が付くのかなーと少し妄想してみたり( ˇωˇ )



      では恒例写真のコーナー()




      前の勇者色々パターンあったんですがね・・・
      流石にヤバいので握手にしました()




      何気に王妃7が1番どうしようか迷ってたかも・・・








      魔王チームホント好きですw
      ここもお蔵入りネタいっぱいあります()




      おまけ
      開演前の気合い入れで壁ドンに持ち込んでみました。




      あー、書いてたらロスが再燃してきた!!!
      またこのメンバーでなんかやれたらいいなあ・・・



      なんか長々とすみません。
      締めの言葉がイマイチ出てきませんのでこの辺で。



      それではまた!


      「弱虫クエスト」ご来場ありがとうございました!

      0

        お疲れ様でしたー!
        坂出市で開催された「じんけんフェアinさかいで」内での人権劇「弱虫クエスト」終了です!

         

        弱虫クエスト マエカブ

         

        武器屋の妻、王妃(赤い扇)、戦士ケトルなどをやっていました、遠藤みか(マメ)です。

         

        弱虫クエスト マエカブ

         

        公演委託という形でマエカブが関わったこの公演。私たち以外にも公募で参加してくださったたくさんの役者さんたちと共に上演を行いました。

         

        弱虫クエスト マエカブ

         

        住友さん、いかさん、あやめちゃん、はるちゃん、みうちゃん、比菜ちゃん、いっしん、たかき、まいかちゃん、亮太、松田さん、ベニーさん、真琴さん、マエカブのみんな。皆様お疲れ様でした!

         

        そして、脚本の平塚先生、振付の田畑先生、演技指導協力の明樹先生、舞台美術のタニィさん、設営&撤収を手伝ってくれた25さん、坂出市の皆様。大変お世話になりました。ありがとうございました!

         

        80分程度の芝居をいろんな年代の方々と一緒に作るということで、どんな感じになるんだろう…と最初は少し不安もあったのですが、だんだんとみんな打ち解けていって、稽古場でもどんどん色んな意見を出し合えるようになって、最終的には「みんなで作る舞台」になりました。演劇に初めて挑戦する、という方もいたのに、あんなにいろんな役をやったり、いろんなところから出たり引っ込んだり、めちゃくちゃややこしい演出になっちゃって、大変だったと思います。だって私も大混乱でしたもの!

        でも舞台上はもちろん、本番前や準備や片付けなどのときも、ほとんどトラブルなくスムーズに進められて、これはもう、参加者の皆様のご協力あってのことです。

         

        弱虫クエスト マエカブ


        念のため、今回出演していないマエカブ団員数名を助っ人として呼んでいたですが(何かが起こったときに動ける要員として)、ほとんどやってもらうことなかったですからね。いいことです。素晴らしい!

         

        「人権劇」というと、ちょっと難しい内容なのかな、と、構えてしまうかもしれませんが、今回平塚先生が書き下ろしてくださった「弱虫クエスト」は、楽しさの中にテーマを散りばめたストーリーでした。そこに演出や振り付けも相まって、普段お芝居に触れない方でも面白く見ていただけたのではないかな、と思います。

         

         

        私、ドラゴンクエスト3というゲームが好きで、昔からよく遊んでいるのですが、このゲームの中で主人公(勇者)は一言も言葉を発することがないんです。なので、自分の想像の中で仲間との会話を組み立てて遊んでいました。


        その想像の中での勇者は、自分が勇者であることが誇らしく、そして魔王を倒しにいく宿命を当然のこととして受け入れていたのですが、そういえば、今回の「勇者」のように、本人は「花屋」になりたがっているのに、周りが無理やり持ち上げて旅立たせていた、という展開もあり得ますよね。

         

        だとしたら、なんてムゴいゲームなんでしょう。
        誕生日の朝、母親に無理やり起こされて、無理やり王様のところに行かされて、無理やり生死をかけた冒険に行かされるんですから。そこに「勇者」の人権はないんですよ。

         

        …とまぁ、「弱虫クエスト」を通じて、そんなことを考えたりもしてみました。

         

        弱虫クエスト マエカブ

         

        テーマは深く、そして公演は楽しかった!


        打ち上げで「まだまだ芝居したい!」と突然台本読み(自分以外の役で)とか始まってて、お別れのときも「またね、またね」とか言い合ってて、あーいい座組だったなぁ、なんて、改めて思いました。

         

        「弱虫クエスト」は終わったけど、皆さん、またどこかでご一緒しましょうね!

         

        弱虫クエスト マエカブ

         

        最後になりましたが、ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

        ホールに入ってから何度か通し稽古をしましたが、実際お客様が入ってからの本番が、やっぱり何より楽しく、みんなのテンションも高くなっていました。

         

        弱虫クエスト マエカブ

        \本日は誠にぃありがとうございましたー!/


        遠藤みか(マメ)


        弱虫クエスト

        0



          どーもこんにちは。


          谷口です。



          今マエカブでは、今月18日を本番に控えた「弱虫クエスト」の稽古をバリバリやっています。


          今回の公演は、坂出市の人権フェアという企画から生まれた人権劇です( ´_ゝ`)



          人権劇と言っても、難しくて堅苦しいお話ではなくて、




          某RPGゲームを基盤とした作品となっておりまして、しっかりと笑って楽しんでもらえる作品になっています!うん!間違いない!








          ほら、某RPGの要素がもう、フライヤーから溢れてる!!




          さすがまめ様.......





          ちなみに、このドットで描かれている街並みは坂出市なんですねぇ。





          さすがまめ様..................





          あ、そう。今回の公演は市民劇でございまして。






          マエカブ俳優だけでなく、年齢性別の垣根を越えて、人権や作品に向き合っています。







          驚くべきは、最年少が9歳という。。。




          しっかりと役と向き合って、日々稽古を重ねています。





          これはあくまで僕の個人的な感想なんですけど、




          人権劇って、人権という議題をぶつけるものではなくて、





          あくまでお客さんに「楽しんでもらう」ということが大前提なんだと考えています。





          それこそが演劇を人権フェアに活用する意義なんだと思います。




          まずは楽しんでいただいて、楽しい作品の中から人権がどこにどう含まれているのか。



          知っていたことや知らなかったこと等を考えるきっかけになれば嬉しいです。



          公演は2回ありますから、




          1度目はじっくり楽しんで。



          2度目は人権に注目していただいて。



          っていう楽しみ方もアリですねぇ?



          なんせ、今回は無料でご観劇いただけますので!





          11月18日はぜひ坂出市民ホールでお会いしましょう!!








          写真は先日の稽古で明樹由佳さんに演技指導をしていただいたので!お写真!



          また、その稽古のこともこのブログで書きたいなと考えていますのでお楽しみに。




          (考えている)









          谷口継夏 Twitter(@tugunatsu)

          マエカブ出演情報/じんけんフェア2018inさかいで「弱虫クエスト」

          0

            7月本公演、8月小学校公演、9月カブフェス…と、夏の間バッタバタしていたマエカブですが、秋になってようやく少し落ち着いた日々を過ごしてい…る訳もなく、来月11月には「じんけんフェア2018inさかいで」というイベントの中で上演する「弱虫クエスト」に出演&参加いたします!

             

            脚本は、昨年のカブフェスで上演した「音」や、今年のカブフェスで藤井みなが書いた「ひも」の演出でもおなじみの平塚直隆先生。ド○クエ3を彷彿させる(しかもファミコン版)ゲームみたいな楽しい話となっています。

             

            この芝居に関わり始めてから、久々にドラク○3をプレイしているのですが(スマホ版ですが)、ゲーム中で何も喋らない「彼(もしくは彼女)」が、この弱虫クエストの主人公のような気持ちでいるとしたら、なんだかとっても可哀想になってしまって、冒険中はを後列に回してあげるようになりました。後列、攻撃受けにくいからね。

             

            演出は岡田敬弘。一般公募の市民の皆さんと一緒に日々お芝居を作っています。
            11月18日、坂出市民ホールでの上演で、だいたい90分くらいの作品を予定しています。
            入場無料&予約不要なので、ふらりとお越しいただければと思います。

             

            ---------------------

            じんけんフェア2018inさかいで「弱虫クエスト」

             

             

            [日時]2018年11月18日(日)10:30/14:00
            [場所]坂出市民ホール
            入場無料・予約不要

             

            [出演]
            株式劇団マエカブ/谷口継夏、遠藤みか、三嶋孝弥、橋本琢真、宮本はるか、与力(よりき)、新谷健、高木康男

             

            住友、井川龍也、鎌田紋妃、十川陽香、みう。、村上比菜、三谷惟真、大林嵩季、高橋舞華、三好亮太、松田、小川百統子、三谷真琴

             

            [スタッフ]
            脚本:平塚直隆
            演出:岡田敬弘
            振付:田畑真希
            演技指導協力:明樹由佳
            公演委託:株式劇団マエカブ

             

            [あらすじ]
            その朝、僕はいつものように学校へ行こうとすると、
            お母さんから「今日は学校じゃなくて、お城に行くように」と言われた。
            一人でお城なんて行った事ないからついて来て欲しいと頼んでも、
            お母さんはもう、同じ事しか言わなくなった。
            僕は泣きべそをかきながらなんとか独りでお城へ辿り着くと、
            今度は王様から「魔王を倒すように」と言われる始末。
            魔王を倒す事は出来ないからお家に帰りたいと言うと、
            勇者なんだから魔王を倒すのは当然の権利だと言われた。
            僕は嫌だと言ってるのにこんなに強制されるなら、それは権利ではなくて義務じゃないのか…
            そんな権利なら破棄したい、と訴えるが王様ももう、同じ事しか言わなくなってしまった。
            僕は泣いた。
            冒険の旅になんか出たくないのに、この街でひっそり暮らしたいのに…。
            街に出ると人々は旗を振って僕の旅立ちを祝福している。
            …いつから僕は勇者になんてなったんだろう。
            勇者が魔王を倒すって誰が決めたんだ。
            そもそも魔王を倒した人が勇者だろうに、皆勘違いしている。
            あー、お腹が痛い。

             

            ---------------------

             

            弱虫クエストの後も、県外での客演公演だったり、その後も企画があったり、ずっとずっと予定たっぷりです。
            発表できる形にまとまり次第、お知らせしますね。

            ではでは、とりあえずは11月18日に坂出市民ホールでお会いしましょー!

             

            遠藤みかでした!


            | 1/1PAGES |

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            others

            mobile

            qrcode