政宗様…いつのまに…

0
    い、いったいいつの間に…あんなにウデを上げられたのか…この小十郎…油断しておりました_| ̄|○

    次こそは、必ず次こそは!!





    政宗様を再び「うまぁぁぁい!!」と言わせて見せます!
    料理では、負ける訳にはいきませぬ!!


    皆様、先日はカブコレ2にお越し頂き、誠に有難うございますm(_ _)m
    「兄上上洛して下さい」に小十郎役としめ出演しておりました 犬にぃこと新谷です。

    今回の作品はいかがだったでしょうか?
    本公演のスピンオフといった形で、やらせていただいたのですが、演者としての率直な感想としては…

    テンション上げると疲れますけど(;´Д`)楽しかったですヽ(*´∀`)ノ

    皆様も、楽しんで頂ければ幸いです(*´∇`*)


    政宗様が、料理に目覚めるきっかけになった「筑前煮」…


    ちゃんと食べてイメトレを行いましたwww
    あの方法で作っていただければ、美味しい筑前煮が出来ますので、是非お試しあれヽ(*´∀`)ノ

    隠し味は…ゴマ油ですよwww



    これからも、マエカブは皆様に楽しんでいただけるお芝居を頑張りますので、これからも、応援のほど宜しくお願い致しますm(_ _)m


    次の公演も、大いに楽しんで頂ける作品に致しますので、楽しみにしていて下さい!!


    それでは、この度はカブコレ2にお越し頂き、誠に有難うございした!!

    以上!小十郎でした((( *´?`* )))

    師だって走るよ!

    0

      お久しぶりです。

      ニゴです。

       

      急激な冷え込みに、カラダが若干ついていかず、

      寄る年端に恐れおののいています。

       

       

      さて、もうアレから10日も経ってしまいましたが、

       

      先日は、マエカブ短編コレクション2(以下カブコレ2)第二弾、

      「兄上、上洛して下さい」

      「花散る〜キンモクセイ〜」

      「The New World」

      に、ご来場、ご観劇いただきありがとうございました。

       

      また、残念ながらご観劇いただけなかったお客様も、

      その分、次回、6周年公演「歌舞伎の国のアリス」を

      楽しみにしていただければと存じます。

       

       

      さて、公演を終えたので、裏話など、ちょこちょこと。

       

      「兄上、上洛して下さい」

      この作品は今年の本公演「傾奇者のパレード」のスピンオフ作品でした。

      スピンオフとは言うものの、根幹たる部分以外はわりと人物も変化していて、

      どこまでオリジナルを崩すか、残すかがとても難しかったです。

       

      母上、小次郎、小十郎がソコソコ崩しにかかっていたので、

      逆に政宗はある程度残す方向でやろうと、勝手に決めて取り組んでいました。

       

      でも、3/4のメンバーがあそこまで崩していたので、

      なんどもその雰囲気に引っ張られそうになり、

      でも、そんなお互いに影響しあっている感じが、とても充実した稽古でした。

       

      稽古期間はとても短かったけども!

       

       

      「The New World」

      こちらは「兄上洛」と雰囲気をガラリと変えてやる必要があり、

      二作品の間に花散るがあって本当によかったと思います。

       

      そりゃ、演じ分け出来ていたと、胸張って言えるワケないのですが、

      間に別作品がないと、もっと「兄上洛」に引っ張られていたのではと、

      戦々恐々ですw

       

      あの演者陣だからこそ出来る、殺陣をお見せできたのではと自負しております。

       

      本番も大きなミスなく、ほぼ100%の殺陣ができたし!

       

       

       

      総括として…

       

       

      「楽しかった!」

       

       

       

      お客様にも楽しんでいただけていれば幸いです。

       

      今後も、より一層お客様にお楽しみいただけるよう、

      己を磨き、がむしゃらなまでに自分を貫いていこうと思います。

       

       

      それでは、この辺で。


      ニューワールドについて

      0
        ども。

        去る11月20日に行われました、香川県の演劇祭にて、脚本、演出を担当させていただきました、池上です。
        ご来場いただきました方々、本当に、ありがとうございました!!


        この、福家ちゃんの
        "近所に有名人がやってきた感"

        好きです(=゚ω゚)
        はい。

        公演裏話的な話は、仁後さん、福家ちゃん、ハルさん(キャストの方々)が、みんな、書いてくれているので、今回は趣向を変えて、なぜ、台本を書いているのかと言うことについて、ほんの少しだけお話しできればと思います。

        とまぁ、大それた感じで書きましたが、まずは、今回の経緯。
        ハルさんが、仁後さんと福家ちゃんと殺陣芝居がしたいと言うことで、始まったかなと記憶しております。
        で、台本を書いてくれと依頼を受けまして、書くこととなりました。
        世界観を考えるのとかは、すごく楽しいのですが、自分の中にある世界を本に書き起こすことについては、いつもめちゃくちゃ苦労します…
        と言うのも、僕がそんなに台本を書いてないからだろうとは思うのですが。
        ただ、楽しい行為であることには変わりないので、今回も楽しみながら書かせていただきました。

        何か皆さんの心の中に少しでも引っかかったものがあれば幸いです。

        で、僕が台本をなぜ書いているのかと言うことについてですが、すご〜くざっくりと言うと、"自分が面白いと思うものを共有したいから"だと思います。
        マエカブという劇団が好きで、その団員と作る、どの作品もそれぞれの色が出ていて、面白い。そう思う中で、自分が面白いとより思うものをマエカブのメンバーと共に提供して、お客さんと共有したい。その上で、何か感じて持って帰ってほしい。そんなことを思っております。
        まぁ、それだけか?と聞かれたら、いくらでも理由は言えるのですが、なかなか大きい理由としてはそんな感じなのかなーと思います。

        今後のことは分かりませんが、また台本を書くことがあれば、宜しくお願い致します。

        役者だってやるよ!!

        以上、池上でした。

        政宗上洛なさい!!!

        0
          どうも、シゲナカです。
          お久しぶりでございます。


          カブコレ2 香川演劇祭編にご来場下さった皆様
          誠にありがとうございました。

          「花散る〜キンモクセイ〜」
          愛と殺戮のエンジェル様
          かなり人気が集まってましたね。
          私も好きです。
          始終プロレスラーのリングパフォーマンスを
          見てるような楽しい気分で観劇してました。

          さて。
          私は「兄上、上洛してください」に
          出演していました。


          ヒステリーママン再びです。

          私の中の裏テーマとして、
          コント「こんなオカンは嫌だ」
          を、心を込めてお送りしました。


          なぜ、義姫(正しい役名)はあんなに政宗を
          無体に扱うのでしょう。


          きっと、政宗には幼少の頃、
          義姫が良かれと思って習わせたお稽古事を
          堂々とサボり尽くした前科でもあるのでしょう。


          義姫がああなった事にも
          かならず発端はある。
          私はそう信じています。


          ちなみに盛った毒の名は「下剤」です。


          そんなスイートファミリーの日常劇
          クスッと笑って、ほっこりしていただけたなら
          何よりも幸いです。

          愛と殺戮のエンジェル降臨

          0
            もういくつ寝ると、今年が終わるんでしょうか。
            やり残したことを探しさ迷ってる今日このごろ。
            ちゃっぴーこと三嶋孝弥です。
            11月頭から怒涛の芝居ラッシュでしたね。

            5日はナカンダ浜で『ムシノイキ』



            会場の隅っこでお昼寝してたらアート作品と間違えられるというね。
            素敵なマダムたちに『ほら、おっきい靴履いとるし!』とか言われました。
            30センチの靴を見たら、そら、そう思いますわね。


            12、13日は『カブコレ2〜よこくらうどん編〜』
            私は照明で参加でした。
            真面目に照明に関わったのは高知県大丸デパートの屋上で公演した時以来でした。
            久しぶりの照明は緊張する反面、やっぱり楽しい。
            照明を見ながらうどんが何杯でも食べられる!





            20日は『カブコレ2〜かがわ演劇祭編〜』




            かつて自分が演出もした作品にもう一度、関わることになろうとは思ってなかったです。
            今回、谷口氏が発案して今回のお芝居が始まりました。
            オープニングのダンスも考えさせてもらいました。
            傘を使うのは『浮世の国のアリス』以来なので、すごく悩みました。道具があると楽な反面、動きに制限がかかって難しい。使い慣れていないモノなので尚更に。
            本番日まで頭を悩ませていましたが、どーにかこーにか形になったかな?と思っています。
            使っていた刀は私がマエカブに入団した時の新人公演で使った刀でした。
            刀匠、福家氏の初代作品です。使う度に使用者の手首を痛めつける妖刀だったのですが『もう、あの時とは違うしいけるやろ!』とか余裕ぶっこいて使ったら、やっぱり手首を痛めました。
            今、彼が作る刀はそんなことないんですよ。とても使いやすい素敵な刀です。なんとなく福家氏の成長を身をもって感じた気がしました。

            さてはて、私は奏という『愛と殺戮のエンジェル』を演じていました。
            うん、オカマ役でした。久しぶりに。
            写真を撮り忘れてたので、写真はないのですが、かぐや姫フェスティバルでは白塗りでしたが、今回は短髪網タイツというドラッグクイーン寄りでイメージしてみました。地味に衣装も変えてみたりしながら。


            この日に来年の本公演も発表されましたね。
            どーなることやら、不安で楽しみでいっぱいです。
            今から楽しみにお待ちしています。


            ほんでこんで。
            私、今年最後にこんなのに出演します。





            瀬戸内国際芸術祭2016の『讃岐の晩餐会』でご一緒した方にお誘いいただきました。
            演劇でもないしダンス、という感じでもない。なんだか不思議なものができそうな予感がします。
            12月18日(日)の11:00〜12:00にサンポートホール高松第2小ホールロビーにて『実験劇場』に出演します。
            入場無料ですので高松に遊びに来るついでにふらっとお越しくださいー。

            それでは。また。
            ちゃっぴーこと三嶋孝弥でした。

            マエカブ唯一のダサい担当といえば私

            0

              お久しぶりです、こんにちは!与力(よりき)です!

               

              先週末11月20日(日)は、開催されたかがわ文化芸術祭2016参加作品
              『兄上、上洛してください。』と
              『花散る-キンモクセイ-』に出演していました。

               

              初めての2役掛け持ちはたいへんでしたが、いい経験でした(^▽^*;)

               

              『兄上、上洛(略)』は6月の『傾奇者のパレード』のスピンオフ作品!
              公演以降、兄上、母上、小十郎に会えてとってもワクワクしました!
              カブパレでは、ひとりひとりが個性が強く、

              親子間の折り合いの悪さが目立つ伊達家チームでしたが、
              今回の演出では個性のベクトルをより大きくしたからか
              バラバラなんだけど協調性がある、という不思議な、

              本当に家族のような繋がりを感じたチームでした。

               

              ちなみに『マエカブ唯一のダサい担当』の称号はこの座組で手に入れました。

              小次郎ちゃんは動きがね、ダサいね!

               


              『花散る-キンモクセイ-』は10月23日のさぬき市長尾で行われた
              「第31回かぐや姫カーニバル長尾」という野外公演を経てからの公演でした。


              オープニングのダンスに継夏とヒィヒィ言ったり、殺陣にヒィヒィ言ったり。
              師匠の余裕とは程遠く全体的にヒィヒィしてました。
              稽古写真をなかなか撮れないなぁ…と思ってたら、舞台にずっと出てたからですね!
              しばらくしてから気づきました。

               

              10代よりも体力がついてる気がしますが、まだまだ足りない体力…!
              がんばって体力をつけたいと思います。
              今年もあと少し!そろそろ来年の抱負を固めようと思う今日この頃です。

               


              今回もご来場、ありがとうございました!


              カブコレ2からのミソゲキへ

              0
                皆さん、こんばんわ!

                はるぅこと小川晴菜です。

                カブコレ2から1週間


                御観劇、応援頂きましたお客様ほんとうにありがとうございました。


                少女というよりパンクロッカーw
                落ち着いて考えたら私、カブコレ2
                2週連続で出てた!
                なんて幸せなことだろう!

                そして昨日から本腰入れて

                名古屋のミソゲキ2016という
                年越しカウントダウンイベントの
                「愛のアレゴリー」の稽古ですー!

                なんとキャストは福家、小川、橋本

                なんと幸せなことでしょう!

                しかも「愛のアレゴリー」
                今年は愛のアレゴリーではじまり愛のアレゴリーで終われる(´ω`)



                チャッピーみしまくんとのコンビでまたお届けできないのは悲しいけど福家くんとの新しいコンビはとても嬉しい(´ω`)
                2016年は福家くんとお芝居いっぱいできる!
                そしてなんと!
                橋本くんとは舞台上でちゃんと話すのは
                第1回カブフェスの「幽玄」以来だ!たぶん、、、

                これ、


                若いー若いー
                (´・ω・)



                あのころのはるぅは可愛いかったw
                ナンチャッテw


                そしてそろそろ私!
                宣材写真を取り直します!!

                22歳の時に撮った宣材写真でずっと行ってますがww
                今29歳なんでかなりの詐欺写です
                ので、2016年くれについに宣材写真を
                取り直す決意をしましたww


                さて、どうなることやらー(´・ω・)
                乞うご期待(´ω`)

                かがわ文化芸術祭2016&カブコレ2、ご来場ありがとうございます!

                0

                   

                  こんばんは!

                  福家正洋でございます!

                   

                  気づけば11月の公演ラッシュも終えまして

                  12月の気配も近づいて来ましたね。

                  12月の気配っていうか、クリスマスの気配なんですけど。

                  この季節になると、サンタになりたいなと常々思います。

                   

                  さてさて

                  去る12月20日、香川文化会館3F芸能ホールにて

                  『兄上、上洛してください』

                  『花散る〜キンモクセイ〜』

                  『The New World』

                  の三本を公演させていただきました。

                   

                  多くのお客様にご来場いただき、

                  また残念ながら来ることのできなかったお客さまからも

                  暖かい応援の言葉をいただきました。

                  改めて、厚く御礼申し上げます。

                   

                  私事ですが、こちらの香川文化会館で演劇公演に携わるのは3年ぶりでした。

                  私やってる間ずっと2年くらいだと思ってて、主催スタッフの方から

                  3年ぶりですねって言われて、1人で驚愕してました。

                  3年ってすごいですね。

                  中学生、高校生は卒業してますよ。

                  赤ちゃんもなにがしかの意思表示をするようになりますよ。

                  当時はスタッフで参加していましたが、今回は役者です。

                  思えば遠くに来たものです。

                  その頃はもう、役者として舞台に立つことはできないと思っておりました。

                  今考えると笑い話です。

                   

                  いかがでしたでしょうか、『The New World』

                  今回の私の周りの人たちの感想をまとめると

                  「飛び道具じゃなかったね。」

                  の一言でした。

                   

                  そう、飛び道具じゃなかったんです!

                  私も曲がりなりにも役者です。

                  舞台で常々いろいろな顔を見せたいと思っておりました。

                  遂にきた、飛び道具じゃない配役。

                  ワクテカしながら台本を持ち、稽古に臨みました。

                   

                  そしたら、まぁ……(笑)

                  いや笑い事じゃなかったんですけど。

                  全然動けませんでした。

                  目隠しして歩いてるみたいな。

                  こんなに動けないのか!

                  と、歯噛みしたことも数知れず。

                   

                  そんな私とずっと一緒に歩いてくれた

                  はるぅさん、仁後さん、池上さんには感謝の念ばかりです。

                  作品内で私が演じたシュウは、ずっと一人で旅をしていました。

                  だけどそんな彼が変わったのは、人と出会い、ヨウと栄太と旅をしてからです。

                   

                  そして、ほんのちょっと裏話。

                  設定ではシュウは栄太と同じように漢字表記の秀臣(ひでおみ)という名前がありました。

                  ありましたっていうか、本名は秀臣なんですけど

                  彼は旅の途中、どこかでシュウと変えてるんですよね。

                  そこに何があったのか、ぼんやりと池上さんと話したりして

                  自分にとってのシュウの大きなターニングポイントでした。

                   

                  そしてそして

                  飛び道具ではありませんでしたが、小道具を担当しました。

                  以前仁後さんがちょっとあげておられましたね

                  ここからさらに進化するわけですが。

                   

                  今回は子どものころからずっと作ってみたかった西洋剣や

                  初めてとなる電子回路にも挑戦しまして

                  量産品の多い本公演とは違う、密度の濃い小道具制作の時間でした。

                  本番の日直前までこそこそいじっていた気がします。

                   

                  あ、後

                  『花散る〜キンモクセイ〜』の刀や

                  『兄上、上洛してください』の巻き物や包丁等など

                  新作や昔の流用などしております。

                   

                  とここまで

                  何やら長文になってしまいました。

                   

                   

                  さぁ、次は1年9カ月ぶりに香川を飛び出します。

                  名古屋にて公演してきます!

                  詳細はまた書きますね!

                   

                  それでは長々失礼しました!

                   


                  一歩踏み出すのには大きなエネルギーが要る

                  0

                    どうも皆さんご無沙汰してます。

                    先日(と言ってももう1週間たつのか)StoreBOXインフォメーションセンターよりを上演いたしました

                    田坂です。

                     

                    2年ほど前、岡田さん、RINさん、宮本さん、福家さんと東京公演に行ったとき、「いっそ自分で、芝居しながら全部操作してしまえよ」という中身のことを話したのをうっすらと覚えていますが、それが本当になってしまいました。芝居しながらタイミングよく効果音入れて、タイミング合わせてカットアウトってなんやねん。

                     

                    さて、遅ればせながらお礼をば。

                     

                    今回の企画は本番前に岡田さんが言ってたとおり、かなり突発的に、ねじ込んでもらったようなものでして。

                    西藤さん(劇団ハタチ族)が来られるのが土曜だけ、ということで、空いた日曜日に入れてもらいました。

                     

                    今回の裏テーマは、一人でどこまでできるのか。

                     

                    これに対しての結果は。

                     

                    一人では、何もできない。

                     

                    それをかみしめる公演になりました。

                    それでも、一度壁にぶつかろうと走っていったことは無駄ではなかったように思います。

                    何より、自分の周りにはすごい人たちがいっぱいいて、助けを求めると手を貸してくれる。

                    この状況のなんと恵まれていることか。

                     

                    いろんな人のいろんなところを見て勉強した結果が、今回の一人芝居となりました。

                    私の一人芝居といいながら、あの芝居にはいろんな人のいろんなものが息づいているのです。

                    これをもって先に進める私はとても幸せなのかもしれません。

                     

                    先に進むといえば、もう目前に迫った残りの3本。

                    それぞれの登場人物が、それぞれの思いで先に進む話が3本です。

                     

                    どうせなら、彼らと一緒に先に進んでみてほしい。そう心から思います。

                     

                    詳細とチケットのご予約はこちら

                    http://maekabu.main.jp/kouen/161112kabukore2/

                     

                    ぜひぜひご来場、お待ちしております。

                     

                    追伸

                    主に自分で写真を撮っていたせいで、自分の公演中の写真がありません。すこしつらい。


                    新世界へ

                    0

                       

                      いよいよ迫ってまいりました

                      かがわ文化芸術祭2016カブコレ2

                      『The New World』に出演しております、福家です。

                       

                      先日15日、16日共に我々稽古しておりましたよ。

                      この二日間は夜が格別に寒かったですね!

                      冬の足音を間近に聞きながら、15日は衣装合わせの最終日でした。

                      マエカブが誇る衣装、おがさまみの衣装案を元に

                      遂に三人の衣装が出揃いました!

                      なんと今回、公演に先駆けて公開しちゃいます!

                       

                      衣装も小道具もほぼ出そろって、

                      いつもマエカブでワイワイやってるメンバーが、『The New World』の登場人物に見えてきた二日間。

                      この写真を取る時、なんとなく卒業写真を思い出して

                      なんとなく私がしんみりしてしまったのは内緒です。

                       

                      気づけば2016年も後一月半。

                      やり残したことありませんか?

                      まだまだ思い出を作るのには十分な時間です。

                      その一つの思い出に、是非是非お越しください!

                       

                       


                      | 1/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      others

                      mobile

                      qrcode