シェヘラザードと裏方

0
    もう6月も終わりですね。

    遅くなってしまいましたが、「シェヘラザードと偽りの夜」おこしいただきありがとうございました。

    舞台監督補佐をさせていただいたオチです。



    今回の舞台はいかがだったでしょうか?

    個人的には、役者の皆さんの頑張りをすごく感じた舞台でした。

    時間がないということでみんな連日深夜まで練習するし、みんな役に対してすごい深くかんがえてるし、1週間とちょっと前からの演技プラン変更にも負けずやり切ってるし・・・スゴスギル

    なので、私はそんな皆を支えるお手伝いをさせていただきました。



    本番は、綱元担当で舞台美術の上げ下げをしておりました。これがめちゃ大変!!私一人じゃ間に合わない><

    結局、黒さんやりんちゃんやLや犬さんに手伝っていただきました。ありがとうございます。
    個人的に好きなシーン

    かっこいいですよね。
    ええ、嫉妬です←

    最後になりましたが今回おこしいただき誠にありがとうございました。
    さぁ、次の公演にせーの、よいしょ。










    魔人でメイド服って…

    0
      あ、どうも。
      「シェヘラザードと偽りの夜」が終わり、10日ほど経ちましたね。すっかり遅くなってしまいましたが、イブリース役のこだまです。

      今更感はんぱないですが、ご挨拶を。
      あの舞台をあれだけ多くのお客様に見て頂いたこと、たくさんのスタッフの皆さんに支えて頂いたこと、一緒に作ることができた全ての方々への感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
      熱い思いが溢れていて、人と人とが繋がれる場所がマエカブなんだろうなと、そう思います。シェへ夜が終わって、少し芝居熱が収まって、何のために芝居をするんだろうって考えてました。昔からずっと考えていて、でも、昔から答えは変わりません。人との繋がり、心の共有がそこにはあるからなんですよね。
      今回、少しでも多くの皆さんと何かを共有できていたらそれ以上に嬉しいことはありません。願わくは、少しでも琴線に触れていますように。


      さて。
      なんかみんなしてるからという安直な理由で私も自分の役をあげていこうかなw

      まずは、市場の女!
      どーん!!↓



      …見えない。いや、あんまり目立ってもだめなんだけど。
      後ろに女二人いる方の背の高いほうです。
      モブってあんまりやったことなくて、しかもお客さんに話しかけるとか、経験不足すぎて緊張しまくってました…

      ハイ次!侍女!ていうか処刑係?
      はいどーん!!!↓



      背が高い。
      10cmくらいのヒール靴をこの時すでに履いていたので、ふらふらしながらオファイラ斬ってましたwこの真っ黒な衣装はすでに着ている下の服とかヅラとかもろもろを隠すために衣装さんが作ってくれました。しかし何度舞台上で転びそうになったことか…「段取り!」とか「上手に斬る!」とかより、この時の私の頭を占めていたのは「ころばない!」でしたわー、今だからオファイラに謝ろうと思います。そんな気持ちで殺しててごめんなさいー。


      んでもって。
      はいこれが本役どーん!!!!↓



      メイド服魔人、イブリースさんです(*´∀`*)
      どうしてこうなった!
      っていう感じですが。
      三嶋氏と二人で魔人やりたいっていったのが最初でした。
      そして衣装担当のはるぅのアイディアで結果的にイフリートはああなり、イブリースはこうなりましたw
      衣装ありきの芝居だったなぁというのが強い感想ですw衣装違ったらキャラの方向性も違っただろうし。衣装から演技指導から、何から何まではるぅに助けられた公演だったことは間違いありません。しかし人の台詞を真似して桃井か◯りのモノマネするのやめてくださいw本番中、自分の台詞言いながら思い出してしまうというこだまだけハプニングがあったよ…。

      イブリースさんはですね、何考えてるかよくわかんないんですが、でもとりあえず、このバグダットは私のものだよね何か文句あるの?くらいに思ってました。でも彼女には目的なんてないんだろうな。ただ、それをするのが楽しいからっていう理由で人を操るし混乱をもたらすし殺しちゃうし。飽きたらきっと幻影(男)呼び出してちやほやされるんだろーなー、なんて素敵なご身分ww

      どこまで表現できたかは不安ですが、とりあえず「メイド服!」とか「でかっ!」とかいう眼差しをたくさん受けたような気がします。



      わ!この照明!!(人´Д`*).+゚.今回ほんとに素敵過ぎる照明でした…そんな中、アリババちゃんもさくっとやっちゃうよーw



      あ!このシーン、みんなお客さんに背を向けてるので、顔を見れたのってイブリースこだまだけなんですよね。

      今こそお教えしましょう、この時のみんなの表情。

      みんな超いい顔してました!!イブリースさん、みんなの殺気くらってました!相対する役なのに、内心別の意味でドキドキしてました。マエカブの役者でありつつマエカブのファンなものでして…

      ドキドキしてたといえばこのシーンも!



      お城にオファイラ大塚を助けに行こうとするみんなの殺陣だね!
      去年のアリスの時もそうだったんですが、なぜかみんなの殺陣を後ろから見る担当らしいです。モニター越しだと正面から見えるけど、バックからその雰囲気だけを超満喫してました!!!

      そしてイブリースとは何の関係もないけど!



      この芝居の中で一番好きなシーンはシンドバッドの一人芝居でしたw


      さて。長くなりましたがこの辺で。
      最後に、ラストシーンのみんなの写真を載せておこうと思います。不思議なことに、初日のこのシーン、後ろから見てて涙が出そうになりました。



      このお芝居本編の中では取られなかった可能性がそこにはありました。
      過去や未来は努力でも変わるけどほんの偶然や巡り合わせでも変わるものです。選択することもあれば、選択させられることもあります。どんな道ができてていても、力強く歩いていくのが私たちの性なんだろうな。そして、みんなみんな幸せになればいいのにって。そう思ってました。
      お芝居ってことでいえば、お芝居するという選択をしたことを全力で楽しめるマエカブでいたいなぁ。後悔しないように、少しでもいいものを少しでもたくさんの方へ。
      そんなことを思いつつ次の企画へひた走りたいと思いますー。
      では、またどこかで。











      緑の人、ズバイダ

      0
        こんにちは!緑の人、与力(よりき)です。

        「シェヘラザードと偽りの夜」にご観覧いただいきまして、まことにありがとうございます!


        今回の作品はいかがでしたでしょうか?

        団員のみんなのマエカブログを見ると、いろんな話・感想を画像付きで書いていて、今回ご観覧されなかった方も公演の盛り上がりがわかるかと思われます!


        今回与力は、ズバイダ(緑の人)、OPダンサー、侍女、街の人々、小学生をやりました。



        ズバイダは牢獄に閉じ込められているときに18歳の設定。30年後は48歳!

        もともと普通に暮らしていましたが、戦乱の世で生き抜くため強くなった人です。

        古文書にはアリババが30年前に行くことでこの世界は変わると記されてあり、それを信じてきました。

        猶予は僅かなのに「彼」であるアリババは30年前に行くことを躊躇い、牢獄から支えあってきた仲間もアリババに決断を託せと諭されます。



        年頃だった私たちは青春を知らないまま、危険に曝され、身を潜めて生きてきた。

        理不尽に心を奪われたあの時代の私たちを救ってほしい…!


        子供の襲撃で婦人4人に緊張感が漂うシーン。

        息子のようなアリババに「頼むよアリババ、心を決めてくれ」と懇願するのは癪だったと思います。

        でもそんなことかまってられないくらい強く、助けてほしいと乞わざるを得ませんでした。



        そんなズバイダを見ていて、私はこんな強い気持ちを長い間持っていられるってすごいと思いました。

        そしてどういう気持ちで日々を過ごしているのだろうと思いました。





        演劇の楽しい所のひとつは、役と向き合うことでいろんなことを学ぶことだと思います。

        稽古は大変でしたが、皆で作る舞台はとても楽しかったです!



        殺陣とダンスにガッツリ参加した今回。

        緑の人はどうでしたか?

        よかったらダメ出しくださいね…!精進いたします!



        「声が通ってたよ」とか「イイ声」と褒めてくださった方々、ありがとうございます!

        表現をする上でもっともっとよくなるように、次回までに精進したいと思います。



        ではではまた会う日まで!




        OP女子のオフはかわいい

        バザールの商人から

        0
          このたびは株式劇団マエカブ4周年記念公演『シェヘラザードと偽りの夜』

          の、バザールにお越しいただきありがとうございました!

          バザールの商人おじさん、キャメルこと浅井です。







          バザール大盛況!



          今回は舞台に立つことはできないまでも、

          バザールの売り子として

          坂出市民ホール入口にて皆さんをお出迎えさせていただきました。





          舞台が大成功・大好評!ということで、

          バザールの方にもたくさんの方に足を運んでいただきました。





          例年人気のTシャツやタオルに加え、





          ストラップ・CD・アクセサリー…

          今回は盛りだくさんの商品で皆さんをお出迎えしました。







          今回のバザールスペースは、練りに練られた案のもと、

          坂出市民ホールの入口から場内、舞台までの世界観を繋ぐ

          一つのファクターとして形作られていました。

          いかがだったでしょうか?

          夢と現実の間に、あなたは、そしてバザールは、とけこめましたでしょうか?





          最高の舞台を観てくださったお客様方が、最高の気分でお帰りになられる

          その手助けができていれば、これ幸いと思う次第です。





          それでは、最後にお気に入りのシーン写真を載せて、終わりにしたいと思います。

          このたびはご来場いただきまして誠に、ありがとうございました!

























          バザールおじさんでした、ありがとうございました!








          番人FOUR

          0
            沢山の皆様。この度は、4周年記念公演『シェヘラザートと偽りの夜』にお越し下さり、誠に有り難うございますm(_ _)m





            番人の中身をやらせて頂きました 犬にぃと申しますヽ(*´∀`)ノ






            誰?って、思われた方…一幕最後に両サイドからハイキックで挟まれてたり、シンドバッドにパンチしてた波が僕ですwww





            他の団員の皆が、色々役の事を書いてくれてるので、僕も番人について…ついて…



            ん〜



            何かあったかな(´Д`;)www





            考えてみると、番人はセリフが無い分、体で表現するパフォーマーに近い役だったと思っています。

            気持ち悪くグネングネン動いてみたり、操られてみたり、切られても斬られても甦ってみたり





            やっていて、新しい動きの発見や表現方法を見いだせたような気がします(??ω??)





            まだまだ、やれる事や楽しんで貰える事もある手応えを感じましたので!

            あ!あの人今回はこんな事してるんだ!

            って、思ってもらえるように(*´∇`*)頑張っていきます!www



            それでは、次の公演に向けて

            しゅっぱぁぁぁつ!!



            写真では嫌そうな顔してますがやる気は、ガッツリありますwww



            皆様、今回は観劇にきていただき誠にありがとうございます!




            私はオファイラ!ホゼイラ!そして波

            0
              皆さん!
              こんばんは!

              ハルゥこと
              小川晴菜です!

              先日は「シェヘラザードと偽りの夜」
              御観劇いただきありがとうございました!

              いかがでしょうか!?





              たくさんのアンケートや終演後に
              いろんなお言葉をいただき
              ほんとうに嬉しいとか
              これからも頑張ろとか
              反省とか
              いろんな想いでいっぱいです!




              たくさんの改善点はありますが
              ほんとうに楽しい舞台でした!
              あと私はマエカブに入った
              あたりからいつかはこんな団体に
              なりたい!
              っていうことがあったんですが

              お客様に「楽しかったこれで
              明日からも仕事や
              いろんなこと頑張れます」
              っていっていただくことです!

              舞台って非日常で
              その舞台にお客様も引き込んで
              楽しんでいただきたい!
              楽しんでいただける芝居を
              マエカブのみんなで創りたいな
              って想いで活動してまいりました。
              去年のアリスの時もたくさんのお客様
              にそういっていただき
              今回ももっとたくさんのお客様から
              楽しかったとお言葉をいただいて
              一歩づつ近付いていってるような
              気がします!

              これもマエカブの皆やそれを
              支えてくださる方々のおかげだと
              おもいます!

              いろんなキツイこともありました
              たぶんこれから治していかないと
              いけない部分もありますし
              自分ができたところ出来なかったこと
              たくさんあります
              悔しかったことも
              楽しかったことも
              すべて最後のサヌカイトの音色と
              レーザーの光と
              お客様からいただいた笑顔、拍手
              「あなたよかったわ!」
              「かっこよかった」
              「声がよかった」
              などのお褒めの言葉が
              すべてを浄化してくれました。

              これからはすべての
              お客様に元気をお届けできるように
              なりたいと強く思います!

              さて、私、
              今回、双子の役をさせていただき
              ました。
              双子だけどおねーちゃん(ホゼイラ)の
              ほうは46歳のおねーちゃんも出てきたので3パターン作りました。




              これ、オファイラ




              おねーちゃんホゼイラ46歳
              とっても殺伐としてます



              おねーちゃんは割とおっとりした
              余裕のある強さのある女の子でしたが
              30年後にかなり性格が変わって
              どっしりした女性に変わってます。
              最愛の妹の死を乗り越え
              戦ってきた背景を表現してみましたw






              オファイラは血の気が多く
              喧嘩っぱやいが想いやりがあって
              正義感の強い女の子にしてみました。



              オファイラはデカイ黒い人に
              切られました



              オファイラを助けられなかった
              ホゼイラ




              あーそんなやつとそんなとこ行くから



              ほらまた捕まったorz


              お話ではどうしても途中で
              亡くなってしまう役だったのですが
              最後のパラレルストーリーで
              生き残り、結婚しました!w




              これ私服でのシーン稽古写真ですので
              マスクしててヤンキーみたいですね

              ジプシーの男に花冠を貰って
              いたのはあれ結婚式だったんです!
              あれを考えてくれたのは
              演出補佐、RINちゃん!
              オファイラ、ホゼイラには幸せラストを
              っていってくれたのは
              とても嬉しかったです(^ω^)



              転換の都合もあり
              オファイラとホゼイラは
              同じ衣装だったんで
              演技ワケはすごく難しかったです
              でも密かにわけてたことがあります

              ひとつは
              テーマカラー
              オファイラはイエロー
              ホゼイラはブルー
              でした(^ω^)
              ので衣装にはイエローとブルーを
              ちょいちょい使ってました!
              目の色もブルーだったんですよ!

              あと親指に青い指輪をしてたんですが
              親指の指輪が右にある時が
              オファイラ
              指輪が左の時は
              ホゼイラ

              あと立ち方ですね!
              腕を組んでるのがオファイラ
              片腕に手をかけてるのがホゼイラ

              戦う前の構えの取り方

              でしたww
              細かいですがそれを決めることで
              自分の中でだいぶ整理が
              できました(^ω^)



              ちゃんと写真を撮っておいて加工で
              二人が並べれるようにすればよかった
              とちょっと思ってたりします(^ω^)
              今回、ちゃんと写真取れなかったんですorz
              残念(^ω^)

              でもオファイラ、ホゼイラはちゃんと
              別人としていたんです!
              と言い切っておきますw

              個人的に好きな写真たち



              いい笑顔ですね。
              彼は物売りですね



              フケちゃんのポーズ




              すげー顔
              イサエモンさんには
              かなり癒されました!
              特に絡みはありませんでしたが
              稽古にイサエモンさんが来たときの
              安心感




              かわにし役人さん
              可愛すぎます!










              いろいろとやってました

              0
                知ってる方はお久しぶりです。知らない方は初めまして。
                去年に比べ順調に梅の塩漬けを作れている田坂です。
                梅雨明け後に干します。梅干しです。紫蘇は結局今年もいれ忘れました。

                さて、早いもので、シェヘラザードと偽りの夜、本番終了からもう一週間が過ぎようとしているんですね。
                あ、そうだ。みんな自分の役紹介してたから俺も!

                頭から順に行くと、

                OPダンスでバグダッド市民、
                シェヘラザードを牢に入れた役人、
                イブリースに操られてた番人、
                シンドバットを馬鹿にしてた市場の男、
                冒険に出たシンドバットを襲う波、
                ジプシー。

                アリババ役の池上さんも書いてましたが、今回は役の数が多い!
                何がすごいって私よりも役の数が多い人がいるということ……

                ところで、私のメインどころは番人だったわけですが、通称「番人チーフ」こと新谷さんに非常にお世話になりました。
                マエカブの舞台に立つのは2度目、しかも半年ぶりという私は迷惑かけ通しでしたが、なんとかなりました。

                あれもこれも、と思ってしまうと上手く文章にまとまらないですし、ここらで退散いたします。

                「シェヘラザードと偽りの夜」の衣装です

                0
                  「シェヘラザードと偽りの夜」にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。



                  今回の衣装は、公演前のブログにも書いた通り、とにかく衣装のアイテム数が多いというのが特徴。

                  役の数は例年通りかな?というところでしたが、「市場の男」「市場の女」「侍女」「番人」といった、複数衣装が必要になる役がとにかく多かったです。

                  基本的にそんなに長時間は出ないけれど、舞台の雰囲気をつくる大事な役なので、個性はなくてもこだわりはもたせたい…

                  そんな気持ちで作りました。

                  ちなみに、明るい市場のシーンは、黄緑や白、グレイなど、比較的明るい色合いの衣装に、商魂逞しい殺伐とした市場のシーンは黒ベースの衣装にしています。



                  そして色にこだわった衣装は何といっても檻5!



                  希望を最後まで失わない彼女たちは、とにかく華やかな色合いで行こうと考え、この色合いに。

                  途中で「…なんか、戦隊モノの衣装みたい?」と思ったりもしましたが、戦い抜くという意味では一緒だよね!ということでこの衣装に。

                  全員がパンツスタイルという中で、ひとりひとり違いのある衣装に仕上げることができて満足しています。

                  (ちなみにオファイラ/ホゼイラは小川晴菜が担当)



                  また、今でもあの衣装が果たして正しかったのかどうかというのがシンドバッド。

                  iPhoneImage.png

                  そうこの人。

                  30年後のマントを外してしまうと、一人だけ、他の役から浮く衣装なんです。

                  でも、わが道を行くシンドバッドにはこれでいってもらおう、着こなしてもらおうということで演出からもGOサインが(笑)

                  マントの色合いも絶妙で、結果、妙にしっくりする衣装が出来上がりました。

                  そして今だから言えるハプニング。

                  実は日曜日の本番中にシンドバッドのズボンの股が大きく破れるという事件が発生していたんです。

                  楽屋で大急ぎでミシンをかけるという、ドキドキの事件でしたが、今ではそれもいい思い出です。



                  そして衣装以外で私が関わったのが、キャラブック。



                  公演が迫ってきている時期に取り掛かった企画でしたが、遠藤みか、法兼弘季、そして役者陣の力が結集して作り上げることができました。

                  惜しむらくは、中のキャラクターイラストのクオリティ。

                  もう少し描けたはず…と思うと、次回こそはと思います。



                  反省すべき点、次回に向けての課題の見える公演となった今作。

                  衣装として、より華やかで皆様に楽しんでいただける作品を作り上げられるよう、精進していこうと思います。

                  大塚です。

                  0

                    このブログを書き始める直前、蝉が鳴き出した事に気づきました。
                    いよいよ夏ですね。
                    こんにちは。
                    『シェヘラザードと偽りの夜』にて大塚、サイクロップスを務めました福家正洋です。

                    この度は大勢のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございます。
                    もうありがとうございます、だけでは伝わらないほど感謝の気持ちでいっぱいです。
                    本番からもう5日、まだまだ余韻さめやらないような、それでいてもう随分と遠い出来事のような不思議な感覚がずっと続いています。

                    ちょっとだけ大塚について。
                    台本の初稿が届いて、まだ私がそれを見ていなかった頃なんですが
                    最初に中武研三人が出て来たシーンを見た演出の岡田さんが「大塚は福家君じゃない?」
                    と言ってくださったそうです。
                    人づてにそれを聞いた時、本当にうれしかったのと同時に、内心でもの凄い欲が出ました。
                    絶対その「大塚」を物にしてやる。
                    そう思った事を覚えています。
                    それから「大塚君」と対面したわけなんですが、
                    なんだか、初見からそんな肩の力を抜いてくれるような奴でした(笑)

                    それからは「大塚」について考察、模索、の繰り返しでした。
                    空気読めなくて、人の言葉にふらふら揺れて、勝手に動いて迷惑かけて…
                    何やってんだって感想が何度も出てくるんですけど、なんだか嫌いじゃない。
                    大塚には凄く親近感が湧いて(あれ?)その作業がすごく楽しかったです。

                    台本上中武研はいつも一緒にいますが、稽古場でも割とそうでした。
                    大体、中武研のシーン稽古じゃなくても、なんとなく近くにいましたね


                    そして生まれた3ショット。

                    (この時のTシャツの文字が一番のお気に入り(笑))

                    ちなみに、大塚が使っているのは「洪家拳」という設定です。
                    中国武術としては結構古い部類で中国では割とポピュラーな存在です。
                    中武研を演じるに当たり、自習してたんですけどこれがまた楽しい(笑)
                    なんだか本当にマニアになりつつありました。

                    後、Tシャツについて。
                    結構終わりの時にお客様に聞かれたので一応書いておきますが
                    Tシャツの文字は「さいくろっぷす」含めて8種類です。
                    大塚は時を越えた時、携帯や財布ではなくてTシャツだけをしっかり持ってきてたんですねぇ…

                    そんな大塚ですが、一つだけ許せない事もありました。
                    此処ですよ、此処。


                    大塚、お前なんでつかまってるん!
                    何度心でそう叫んだか。
                    この前のソロパート、そして円卓上での集合パート
                    それぞれ「お城に行くよ」「お城に来たよ」と命名されていたんですが
                    大塚だけ「お城にいるよ」状態。
                    このシーンの強化稽古の時、主な絡みメンバーもいない私は稽古場の床で不貞寝状態。
                    本当に悔しかったです。

                    裏方では小道具も担当してました。
                    この通称「雑魚剣」や宴会のグラスや食器、猿ぐつわなんかが主なやつですね。


                    なんだかもう書きたい事がありすぎて…
                    本当に楽しい公演でした。
                    しかし見えて来た課題も沢山ありました。

                    次に皆様にお会いできる時どこまで成長できるのか。
                    新たな公演に向けて日々精進してまいります。

                    どうぞ今後ともよろしくお願いいたします!
                    福家でした!
                     

                    アラビアの小さな龍

                    0
                      皆様、「シェヘラザードと偽りの夜」ご来場いただき誠にありがとうございました。

                      どうもRINです(`・ω・´)ゞ


                      今回アラビアンナイトを題材にした作品と決まった時に、どんな役があるのかな?とワクワクしながら配役をまった記憶があります。

                      ある時『中国武術研究会の現代人が三人出るよ』との言葉が岡田さんの口から出ました。

                      これだーーーーーーΣ(・□・;)!!

                      絶対これだ!!との確信とともに本作品が始まりました笑



                      「中武研」の3人はそれぞれキャラ作りの為に日々、中国武術を研究し、時には意見し、時には組手をし、本番まで精査してきました。

                      他の2人が『この武術やる!』って決まった時に、私は候補の五つを一つに絞れずに悩んでおりました。

                      すると仁後さんから、
                      『全部やればいんじゃね?』
                      との神がかった一言を頂きました。

                      ………(`・ω・´)




                      そうやね!!( ´ ▽ ` )ノ♪




                      と!言うわけで、五つの武術を殺陣にとりいれました!楽しかったです笑

                      私が選んだのは、「形意拳・酔拳・蟷螂拳・詠春拳・ジークンドー」の五つ!!

                      全部解ったマニアックな方はいたでしょうか?

                      さてさて、今回私は演出補佐として幾つかのシーンの演出をつけました。

                      抜粋すると

                      オファイラ斬首後の宴会シーン


                      魔法のじゅうたんdeダンス


                      エンディング

                      などです(`・ω・´)ゞ

                      割とどれも、ストレートな表現を避けた演出をつけたのですが、それはたぶん同じく演出補佐をしていた、ちゃっぴーこと三嶋に対抗する気持ちがあったのでしょう。



                      彼のダンスや即興表現の演出に触発されての演出付けが今回の作品の要所に散りばめられていた事は私しか知らない。ムフフ…

                      長い作品、かつ、複雑な人物相関図の中で繰り広げられた群像劇でした。
                      その中で、田町という人間が、何を思いどう生きようとしたのか。
                      それをお客様に考えさせる芝居が出来たのか。
                      答えは出ておりませんが、「挑戦する舞台」だった本作品を無事に終えられたことを胸に次の世界に飛び込みたいと思います。

                      皆様、ありがとうございましたm(_ _)m




                      おまけ

                      この作品に向けて2ヶ月鍛え上げた二の腕を存分に披露できた上野の妹シーン。

                      サンドラ、オファイラにならぶ三つ編み妹を出来たことに誇りを持ちます!
                      また次回お会い会いましょう!

                      ありがとうございました笑

                      | 1/5PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      others

                      mobile

                      qrcode