レニー・スモールです

0
    お久しぶりです。
    千秋楽終了後から2週間しか経っていないのに、もう遠い昔の様に感じています。
    ハツカネズミと人間でレニーを演じましたちゃっぴーこと三嶋孝弥です。





    香川⇒広島⇒高知と一気に走り抜けることができました。
    高知公演も無事にやり遂げることができました。
    広島⇒高知ではいろんな変更がありました。


    キャストが4人変更!
    さらに、時間短縮した広島Ver.を香川Ver.に変更!
    さらにさらに、ジョージとレニーの関係性も変更!
    さらにさらにさらに、本番当日に小道具とネタが増える!
    さらにさらにさらにさらに、本番当日は直前まで演出の社長不在!


    広島公演終了後から怒涛の毎日練習。
    練習しても練習しても拭い去れない不安と闘いながらの日々……でも、不安の影に隠れてとてもワクワクしている自分がいたことも事実でした。
    最初に台本を手にした時からある程度のレニーのイメージもあり「求められているのはこういうことかな?」というのをずっと計算していました。
    無意識に演技がルーチンワークになっていたような気がします、振り返ってみたら。


    なので、香川公演では私のイメージするレニー像っていうのは存分に出せたと自負しています。
    香川のレニーは「あざとかわいい」がテーマでした。





    しかし、次の広島公演。
    時間短縮が要求されました。
    それによってシーンも一部カット。
    セリフも一部カット。
    そうなってくると香川用で作った感情の流れが全く通用しなくなりました。
    結構、強引に感情をひっくり返していたので最初は違和感ばっかりでしたが、後半は何とか自分の中に落とし込むことができました。
    さらに、スリムが新谷さんからラッキーに変更。
    同じセリフでも役者が違うとまとう雰囲気というかオーラというか……それが全然違ってくるので微妙に反応も自然と変化していきました。
    広島のレニーは「5歳女子」がテーマでした。






    そして、高知公演。
    先ほど書かしてもらったような怒涛の変更が待っていました。
    削ったセリフを戻すことによる感情の変化の混乱と同時に4人のキャスト変更。
    キャンディが「石垣さん⇒遠藤さん」
    スリムが「ラッキー⇒繁中さん」
    カーリーの妻が「藤井さん⇒小川さん」
    カールソンが「みやぶん⇒ヨドさん」と変更されました。
    しかもキャンディとスリムは性別変わってるし!
    練習中もそれを引きずって「キャンディじいさん!」と言ってました。
    いや、いますけどね。おじいさんかおばあさんか分からない人って。
    周囲のキャスト変更にともない、ジョージとレニーの関係性も大きく変わりました。
    高知のレニーは「5歳男子」がテーマでした。






    本来の「ハツカネズミと人間」ってとても暗くて救いようのないお話なんです。
    私も最初に台本を受け取った時は「とても暗い不条理なお芝居になるのかな」と思っていました。
    でも、蓋を開けてみたら隙あらばネタをぶっこむエンターテイメント色の強い、でも大筋には沿っている。という不思議な作品が出来上がっていました。

    香川も広島も高知も……私の中では同じ「レニー」でした。
    でも、香川の段階では「レニー」という人物がここまで可能性が広い人物だと思っていませんでした。
    無意識に自分でレニーを殺していた様な気がします。反省です。


    いろんな人が教えてくれました。
    そんないろんな人に本当に感謝したいと思います。


    では、またお会いできる日までー。

    俺はジョージ、ジョージ・ミルトン

    0
      どうも、公演終了後から2週間体調を崩しブログ更新の機会を逃していたジョージことRINですm(_ _)m


      「ハツカネズミと人間」高知公演無事(笑)終了致しました。
      そして、これにて「ハツカネズミと人間」ツアー全日程終演を迎えられたこと本当に感謝致します。

      皆様ありがとうございました。


      香川、広島の公演が終わった時もそれぞれ皆様への挨拶、お礼はさせていただきましたが、それでも全然足りないくらい今回私は感謝の気持ちでいっぱいです。

      同じ演目を持って行って、全部で6回の本番を迎えましたが、やはりどれも違うものですね。

      広島公演が終わって、次の高知公演までは2週間ありました。
      本は同じでしたが、キャストが半分変わるということもあり、演出も大変大幅に変更がありました。

      まず、主人公の二人の性格をチェンジするという、主軸の変更が私にとって一番の驚きでした(笑

      いやあ、苦戦しました。

      とにかく、その前に5回もやっていたキャラクターを引きずらない様に抑え込むのが難解でした。

      さらには入れ替わったキャスト達が今までの人達よりも濃いのなんのって、濃厚すぎるルーをお吸い物にブチ込む様な感覚に陥りました。
      まるで別の台本かとも思える程の変化は面白くもあり、出演している側からすると恐ろしくもあり・・・。

      さらにさらに!私個人の時間的都合により、本番までの2週間で稽古に参加できるのが3回だったという事実!!

      いろんな条件が重なって、まったく心の余裕のないまま高知に向かう事となりました(笑

      しかも会場についた途端、先に現地入りしていた演出の岡田さんが、
      『RINちゃん、相談があるんだけど。』
      と言っておもむろに私に可愛らしいぬいぐるみを二つ渡して
      『これを本番で使って欲しいんだ』とのこと。

      うっかり「分かりました。」とは言ったものの、現地入りまでにnewバージョンで通しをしたのはたったの1回、私の不安は募るばかり

      都合3日程稽古に参加できてないまま着替えを始めると、何故かほぼ上半身裸なキャラクターが二匹も現れるし



      妻の妖艶さが増し過ぎて逆に危険になってるし

      なんかスリムがやったらめったら威圧感のあるサイコな人になってるし

      キャンディ黒いし、犬がツッコミどころ満載だし

      極め付けは頭にニワトリのせた人がいるという


      悪い夢でよくある本番前の悪夢状態が目の前で繰り広げられていました。

      それでも、やはり原作が整った素晴らしい作品。
      味付けを変えたところで、美味しいレシピに変わりはなかった。

      みんなが短い期間で、面白くしよう、面白くしようと熟成させた作品は、ビリッとくるような強烈なスパイスの中に甘みと苦味、そして涙のしょっぱさを含めた良質な一品に仕上がりました。
      正確には仕上がってたら、いいな。という勝手な希望です。

      料理の一材料である私が味の評価をするのはおこがましい。
      それは観て下さった皆様のもの。
      しかし、終わった後にホォっと満足のいく深呼吸が出来た事が嬉しかったです。

      皆様、お味はいかがだったでしょうか?( ^ω^ )

      中四国ツアー。とても沢山の出会いがありました。
      舞台、土地、人、団体、作品・・・。

      一ヶ月近い日程で多くの経験値を得ることができ、自分は幸せだと思います。

      この経験を栄養として、成長していく事で、さらに素晴らしい出会いを呼び寄せていくために精進します。

      繰り返しになりますが、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

      2013/12/12 RIN at ジョージ・ミルトン


      ハツカネズミを終えて from クルックス

      0
        こんにちは。

        今回、マエカブ秋公演で元奴隷クルックスをやらしていただいたロビンです。


        本公演で、高松から高知まで全て出てきたので、計6回演じてきました
        各公演を見に来てくれた皆様、本当にありがとうございます!


        日々のブログの中で、度々話には上がりましたが、今回公演会場によって演出が変わっています。
        役者が変わったり、衣装が変わったり、内容カットしたり。
        特に私、クルックスは高松版と県外版で大きくキャラクターが変わりました。高松ではネクラだったクルックス。


        ですが県外では跳んだり、ケタケタ笑ったり。やたらとアクティブになりました。

        一緒に出るシーンが長かったレニーには苦労を掛けました。


        あと、クルックスの背中に大きく付いていた背中の傷痕。

        これは高知公演のスリム役、シゲゾーさんにつけてもらった傷です。制作過程は背後で行われているので、詳しくは分かりませんが、確か接着剤やドウラン、ムチ等を手に持たれていた気がします。



        高松から1ヵ月続いた公演も終わり、この一週間一息つきました。来年も頑張っていきます。
        また広島、高知、愛媛の劇団さんと共に出来たらと思います。


        ありがとうございました。


        クルックス 橋本琢真

        高知ネズミより愛をこめて。

        0
          こんにちは、かんちゃんことヨドカナコです。

          高知版ハツカネズミと人間をご覧頂いた皆様、誠にありがとうございました!

          本番を終えたあと中打ち上げ→





          次の日仕事→夜、ネズミメンバーで焼肉



          →次の日仕事←イマココ。

          で、ブログでのお礼が遅れてしまい申し訳ございませんでした(´・ω・`)


          広島公演が終わって2週間後が高知版ハツカネズミ。
          この2週間後で詰め込むもの全部詰め込んだった!って感じでした。

          1週間前に小物追加したり、2日前にセリフ変えたり、本番当日にネタ仕込んだり、それを主役の人が知らなかったり(笑)

          稽古のあと家に帰って夜な夜なニワトリを麦わら帽子に縫いつけてるとき、ふと我に返ったり……(笑)


          まぁでもこれぞマエカブ!!って感じの仕上がりになったと思います。

          あの重厚な作品がこんなにエンターテインメントになりました。



          何がなんだか!


          一回だけで終わらすのが勿体無い程です。

          奇しくもこの日が誕生日だったワタシσ(・ω・*)
          良い記念になりました!!

          影で支えてくださったスタッフ様、素晴らしい箱の蛸蔵、観に来てくださったお客様、一緒に舞台に立った皆!

          本当に本当にありがとう!!めっちゃ楽しかったよ!!!







          2013.11.25 カールソン

          広島公演〜カーリー〜

          0
            どうも。カーリーです。
            クッキー食べてます。

            広島から帰ってきて、早1週間経ちました。

            いやー、楽しかったです。広島。
            基本、音響なんで芝居については全然のヒヨッコなんですが、芝居を通じて色んな劇団の人と関われるってのはいいものですね。


            ...とかなんとか話してますが、
            早くも高知公演が来週に迫っています。

            役者はゴッソリ入れ替わりますし、
            演技プランも色々試されてます。

            カーリーは一貫してウザいんですがね!!(^o^ ≡ ^o^)


            はい。というわけで、
            広島公演での集合写真で締めさせて頂きます。
            お疲れ様でした!!!!


            広島公演しゅーりょー!

            0
              ジョージとカーリーの妻に続きます!
              レニー役のちゃっぴーこと三嶋孝弥です。




              広島公演・・・
              大変だったなぁー、としみじみ思います。



              広島に向かう途中
              私の愛車のここあちゃんに積んでいたパネルがバタバタ暴れるし。
              ジョージ役のRINちゃんとふたりでガタガタブルブルしながら往復しました。
              何事もなくてホッとしました。


              広島ではたくさんの人にお世話になりました。
              お礼をいくら言っても足りないくらい、ほんとーにお世話になりました。
              他の事を全く無視して、自分のことだけに集中できたのも周りの人のおかげだと思っています。



              公演の感想・・・むむむ。

              お客さんとの距離が近いことにまずは圧倒されちゃいました。
              香川公演はステージがあったので、お客さんとの境界線は明確でした。
              でも、今回はフラットのステージだったので、同じ高さにお客さんがいました。
              また、照明の関係でお客さんの顔がバッチリ見えていました。
              『客席の明かりの状態ででてしまった!?』
              と思うくらいはっきり見えました。

              いや、怖いですね。
              広島公演の一回目はびっくりしちゃって、一瞬思考が止まりました。
              ダメですね・・・まだまだ修行が足りません。


              時間を短縮させたことによって話が簡潔になって分かりやすくなったと思います。
              でも、その反面で気持ちの持っていきかたがとても難しかったです。
              最初の方は感情の流れがつかめずに四苦八苦していた覚えがあります。


              ハプニングとして・・・
              いつもカーテンコールはジョージがやってくれるんですが、広島公演の2回目はレニーがやらせていただきました。

              いつものように帽子を取って、礼をして顔をあげて・・・あげて・・・あれ?
              いつまでたっても挨拶が始まらない?
              さては!RINちゃんがテンパって挨拶を忘れたに違いない!
              カーリー役の塩ちゃんに『広島に来たからってTempaってんじゃねーよ』と本番中に言っておきながら・・・



              なんて考えながら右を向いたら、そこには
              目を真っ赤にして、涙を溜めた姿が!


              もう大爆笑しました。
              私も泣きそうになってたんですけどねぇ、涙が引っ込みましたよ。
              いつもしっかりしてて、引っ張っていってくれるRINちゃんでも泣くことがあるんだなぁ、と微笑ましくなりながら挨拶させてもらいました。
              まぁ、なにも考えてなかったからガタガタでしたが、ね。




              さ!
              次はラストの高知公演!
              キャストも四人変わります。
              四人変われば作品としても全く別物です。

              ラストスパート!
              最後まで走り抜けます!


              広島のTempaさん
              愛媛のunit outさん
              大阪の坂口修一さん
              今回の公演を支えてくださった関係者の皆様

              そして、広島のお客様!

              とても楽しくて暖かい時間をありがとうございます!
              また、是非広島でお会いしましょう。
              機会がありましたら香川にも遊びにきてくださいね。
              美味しいうどん屋さんを紹介しますー。(笑)



              ありがとーございました!

              広島公演終了〜二日目〜

              0
                カーリーの妻を演じました、藤井茉美です。

                写真はレニー氏撮影の「またワンツーだよ」です。
                思い返せば、夫婦と言いながらも一度も舞台上では出会うことがなかったんですよね(-∀-;)

                さて、広島遠征終了しました!!
                二泊三日の長スパンでしたが、あっという間に終わってしまいました…
                劇団tempaさん、unit outさん、坂口修一さん…たくさんの人に出会え、交流できた三日間でした。
                このご縁がずっと続きますよう(*^o^)/\(^-^*)



                そして、この公演で私と共にハツカネズミの千秋楽を迎えた四人!!

                キャンディを演じていただいた客演の石垣登さん、共に高松公演から舞台をつくってきたカールソン役のみやぶん


                今回マエカブ初舞台にして二代目スリム役のラッキー


                高知公演は私たち四人の役をマエカブ女優四人にバトンタッチします!

                高知に向けて始動しております!
                きらびやかなハツカネズミと人間こうご期待ください(o^−^o)





                何はともあれ、広島お疲れ様でしたー!!

                広島遠征終了しました

                0
                  皆様お久しぶりです。ジョージ役のRINです(`・ω・´)ゞ


                  『ハツカネズミと人間』広島公演!無事に終了致しました〜!!( ^ω^ )ドンドンパフパフ!


                  ↑10日の本番終了後の楽屋にて

                  今回は公演時間を香川公演の時よりもグッと縮めて、70分以内におさめなければならず、2週間の稽古で必死に、そりゃーもう!必死に仕上げてまいりました!!

                  さらに、今回は広島県での公演!
                  わたくしRINは岡山・香川以外での芝居は初めてでしたので、道中からすでにドキドキの遠征でした( ̄▽ ̄)

                  出発にワクワク

                  サービスエリアでもワクワク

                  テカテカ

                  皆で遠出は大変でしたが、楽しかったです。

                  そして会場入り


                  四つの団体が五種五様の芝居を集めて行われた演劇祭!

                  非常に楽しかった・・・!
                  そして、スケジュールがタイトでした・・・!笑



                  さて、本番の感想ですが。

                  広島のお客様には受け入れてもらえたんではないでしょうか(・ω・)

                  わたくしRINの勝手な希望ですが。
                  舞台上からお客様の様々な反応が感じ取れた様に思いました。

                  1回目のステージは緊張しながら第一歩を踏みしめ飛び出しました。
                  お客様の視線をすごく近く感じて、動揺しそうになりましたが、それだけ自分たちの一挙手一投足に注目されているんだ!と、奮起して演技に臨むことが出来ました。

                  2回目のステージではハプニングが起きました。

                  前日に打ち合わせをして、1回目のステージでエピローグに当たる部分を丸々カットしていました。

                  私がちゃっぴーの背中を見つめながら、感情を昂らせる場面が事実上のラストシーンに・・・!

                  生まれて初めて公演中に視界が涙で完全に曇りました(>人<;)?

                  ボロボロに泣き崩れてしまいカーテンコールもままならず、ご覧いただいたお客様にキチンとお礼をいう事も出来ず、お恥ずかしい姿をさらしてしまいました笑

                  しかし、あれほど温かく、切ない涙は初めてでした。
                  やっと、ジョージとしてレニーを愛せれたのかなぁと思いました。

                  ご覧いただいた皆様、応援してくださった方々、関係各位にあらためてお礼申し上げます。
                  本当にありがとうございましたm(_ _)m

                  次は高知です。

                  次が、この作品の最終ステージです。
                  全てのバージョンが最高の舞台になることを祈って。

                  11/11 RIN@ジョージ・ミルトン


                  連続更新4日目(^-^)/

                  0
                    高松公演ご来場いただきどうもありがとうございます。

                    カーリーの妻を演じました、藤井茉美です。
                    今回は脚本の名前もいただきました。


                    言い出しっぺと言えば、言い出しっぺの私ですが、正直ここまで大きな公演になるとは想像もつきませんでした。

                    初舞台の役者含め、結果として13人が役者として出演することになり、
                    マエカブ外部から音響、照明として参加してくださり、
                    高松の中心街にホールを貸していただき、
                    広島からは劇団tempaさん、高知から劇団シアターホリックさんが参加してくださり、
                    そしてこの作品を広島、高知で上映させていただくことになり…

                    あれよあれよという間に大事になっていきました。

                    思い返せば思い返すほどここまでの公演に成長したのは、色々な人たちの手をお借りしたおかげだと思います。
                    本当にありがとうごさいます。



                    高松公演終えてホッと一安心もつかの間、
                    ハツカネズミと人間は広島、高知公演に向けて再始動しております!


                    演者が交代しての高松、広島、高知の3公演です。
                    どの公演も同じメンバーではないので、それぞれ違った雰囲気を楽しんでいただくことができます(o^−^o)

                    さて、本日木曜日が広島公演最後の稽古

                    がんばりましょう(*゜ー゜)ゞ

                    連続更新〜三日目〜

                    0
                      皆さま、はじめまして。
                      「ハツカネズミと人間」にて、カーリー役をさせていただきました音響の塩田です。
                      音響と名乗りつつ役者していますが、
                      これからもブレずに音響を名乗り続けるスタンスでやっていこうかと思います。

                      さて、長年マエカブで雑魚をやって来ましたが、
                      こうして舞台上で役を頂いて演じるのは初めてでした。


                      いやー...緊張しましたね!!!!
                      もとから緊張に弱いタイプなんですが、土曜夜は初めということもあり、ただでさえ勢いで演技しているところが、さらに勢いだけになっちゃってました。


                      香川公演はなんとか無事終わらせることが出来ましたが、まだまだ広島や高知も控えてます。
                      どんどん練習して、今よりも良いものを見せるためにマエカブ一同頑張っていきます!!!!

                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      others

                      mobile

                      qrcode