公演を終えて【作演出】

0
    こんにちは。「くるクエ」作演出の繁中あずさです。
    公演後ブログもわたしで締めと相成ります。長くお付き合いいただきありがとうございました。


    いやー最近春めいてきていますねー。

    わたしはチャリンコで風を斬りながら通勤しているのですが、風がいつのまにかあったかくなりました。

    2週間前まで最低速度で走っても耳鼻がもげそうなくらい空気が冷たかったのに、移ろっていくのは早いものですねぇ。

    くるりんクエストも、このくらいの気温のなかで公演できたら、お客様に辛い思いをさせずにすんだのかなぁと今さら反省しています。ワガママ通してごめんなさい。あんなに寒さの厳しいなかのお運び、本当にありがとうございました。



    さて、公演のおはなしなのですが…

    役者として公演に携わると実に様々な思いを抱くものですが、作演出という立場に立つと少し違ってきます。

    終わった直後から感謝の気持ちしかわいてこないのです。達成感よりも先に、苦しくなるくらいありがとうの気持ちでいっぱいになりました。

    この場を借りて思い付く限りの方へ、ひとりずつお礼のメッセージを書きたいところなのですが…
    実際書いてみたら卒論並みの文字数になったので割愛します。

    くるクエに縁のあったすべての皆様に心から、深く感謝いたします。本当にありがとうございました!



    さてさて、これだけでは味気がないので、すこしだけ脚本の裏側を記しておこうと思います。

    この脚本のタイトルは、みんなで考えて決めました。タイトルを決めろと言われても、こっぱずかしくて出来なかったんですよねー。

    そこでみんなに募集をかけて、出してくれた案の中から決めました。脚本の意図するところをすてきに表現してて、ポップで分かりやすくてとっても素敵なタイトルだなぁと思います。

    そして副題の「ゆめのつづき」

    これは、わたしの想いでした。ドラクエやゼルダの伝説を全力でプレイしまくってたころ思い描いた妄想。すなわち、ゆめ、みたいなもの。

    大人になる前に封印しなきゃと思っていたけれど、大人になった今、大きな力で支えてもらいながらゆめのつづきを見られたことは、わたしにとってとても感慨深いものです。

    わたしの見たかったゆめの世界を作りたい、表現したい、そんな思いでやって参りました。皆様に少しでもいいから伝わっていたらとても嬉しいです。

    仲間たちも脚本におろした妄想を楽しんでくれたみたいで、こんなに恥ずかしくも嬉しいことはありません。

    「てめーの脚本はクソつまんねーんだよ!役者がかわいそうだろ!」と内外からつるし上げられる悪夢を何度みたことか……。

    明日の打ち上げでぜんぶ忘れて騒いでやろうと思います。


    さて、次回は4月12日(土)、4月13日(日)

    マエカブの小さな巨人、RINさん作演出「FighterPhoenix〜朱雀女傑伝〜」@南新町商店街内オリーブホール



    そしていよいよ三周年記念公演

    6月21日(土)、6月22日(日)

    我らが社長おかだたかひろ作演出「浮世の国のアリス」@坂出市民ホール


    盛りだくさんの上半期となっております。期待を上回る作品にするべく、劇団員一丸となって全力で取り組んで参ります!

    三年めを迎えている株式劇団マエカブです。
    よろしくお願いします!


    繁中あずさ

    公演を終えて【制作/娘】

    0

      冒頭と最後にちょこっと出させていただいた、語り部の娘こと、遠藤みかです。

      マエカブ

      普段から役者と裏方を兼ねることが多い私ですが、今回は『裏方9:役者1』くらいの仕事量で割り振っていただきました。

      というのも…

      今回のくるりんクエスト、事の発端は
      「ヨコクラさんで真冬に公演したい」という私のわがままでございました。
      「したい」「やりたい」と言ったのが自分である以上、今回は、裏方に徹しよう。
      芝居というより、公演を作る立場になろう。
      と、決めていたのです。

      それにしても、脚本もない状態にもかかわらず「参加する!」と言ってくれた役者&スタッフの皆さん、そして「くるクエ」の脚本を今回の公演で使わせてくれた繁中さんには感謝感謝です。


      そんな訳で私、くるクエ上演にあたって何をやっていたかというと…

      実は小道具作りがメインだったりします。
      とにかく、くるクエは小道具が出てくる出てくる!
      しかも「そんなの売ってねぇよ!」という特殊なものばかり。
      作るしかないんですわ。


      例えば



      右の「魔王城」の看板も手作り(文字:はるぅ)。
      本当は黒板が欲しかったんだけど、予算削減のために、段ボールと布と薄っぺらい板を貼り合わせて作りました。
      何も言わなければちゃんとした板っぽい。
      ただしこの段ボールは社長宅に届いた荷物の段ボールで、裏面は伝票貼りっぱなしだったため、手下には「絶対裏面見せちゃだめ!」と念を押しておりました。
      今思うと、伝票くらい1秒で剥がせるのに意味不明の手抜きっぷりです。

      それから、



      冒頭で行商人が売っていた「勇者のパチンコ」。
      これなの見ている人の記憶にも残っていないんじゃないかと思いますが、無駄に手作りです。



      演出に「勇者のパチンコ、デコっていい?」と聞いたら「やるなら徹底的に」と指示が出たので、ラインストーンと薔薇と蝶でかわいらしくあしらってみました。

      それからそれから、

      マエカブ

      カワセミが生み出した「金の延べ棒」。
      発砲スチロールに金紙を巻いただけですが。

      マエカブ

      殺気みなぎる二人の黒子が手にしているスラ(ry達も手作りです。
      (青スライムの原型は客演の井上さん)
      はぐれメ(ry(銀)の方は、本当はバブルスラ(ry(緑)にしたかったけど、スプレーが銀しかなかったためにこうなりました。



      物語の中でかなり重要だったお面。
      これはほぼ繁中作です。
      私(たち)はただひたすら、繁中さんの作った原型に紙を貼り、色を塗れる状態に仕上げました。
      黄色のと黒のは芝居の流れ上サッと被る必要があったので、みんなで案を出し合って最終的に裏面にマウスピースを仕込むことにしました。




      これは何だか分かりますか?

      正解は、みやぶん演じる僧侶が肩からかけていた、バッグの紐部分です。
      なんと無駄に手編み。
      バッグ自体も手作りリメイクを施しています。

      僧侶と言えば怪力。

      行商人に怪力っぷりをアピールするシーンで登場した割れる岩は、



      発砲スチロールを岩っぽく切り出して、



      着色して、さらに加工を施して簡単に割れるように仕上げました。
      みやぶんが本当に怪力な訳じゃないからね!
      (どうにか本物の岩を割れるよう鍛えてほしかったんだけど、間に合わなかったようです)


      そして、インフルエンザで衣装の真実タソが倒れた隙に、ふと思いついたモノを作ってみました。





      行商人、オッサン、僧侶、手下、娘がはいていた靴は、
      実は完全なる室内履き(スリッパ)!

      ヨコクラさんでお借りする舞台が、実は室内(畳のお部屋)ということもあり、靴であがるのは許可をもらう以前に、私たちの中でNGでした。
      昨年も「アニマル☆パラダイス」という作品で、実際は畳の上でやってるけど設定は外。という状態が発生し、その時は客演の原さんが室内履き用の布ワラジを作ってくれました。
      今回、それを思い出し、スリッパを布でくるんでブーツっぽく見えるようにしたものを役者に履いてもらいました。

      元動物とか魔王様や黒子たちは裸足で頑張ってくれましたが…!


      あ、あとコレね。



      大人気、缶バッジ!

      全キャラクター+演出(右下)を作りました。
      マエカブの公演ではよく登場する物販の品です。
      なんでこんなに缶バッジを推すかというと、某団員が業務用の缶バッジマシンを持っているからです。なのでギリギリまで量産できる。

      今回はこれにちょっと手を加えて、マグネットも作りました。
      マグネットは藤井画伯の壁画イラストで、アンケートに答えていただいた方へのお礼としてプレゼントさせていただきました。

      箱入りしてから、みんなでセッセと加工してました。


      あ! あとですね、あとですね、

      受付でお配りしていたパンフレット。
      サイズがちょっと小さめでしたが、あれはファミコンとかに必ず入っていたゲームの説明書をイメージしたサイズです。
      ゲームの説明書っぽくしたい! という役者からのアイデアです。



      という訳で、今回ほぼ初めて「裏方メイン」で公演に参加して思ったことは、、、

      スタッフさん、スゲーーー! ってこと。

      小道具の作り方、音響機器の繋ぎ方、タイスケの作り方など、

      今回初めて経験させていただいたことばかりで、どれもこれも新鮮で…そして、大変でした。
      これをスタッフさんはいつもやっているのね。。。

      もちろん役者さんも凄かったです。

      稽古中、日に日にキャラクターそのものになってくるのが面白かったです。
      本番中、楽屋に戻ってくるたび、あの寒さにもかかわらず汗だくで、舞台ですごいエネルギー使ってるんだなぁ。というのを感じました。


      最後になりましたが…
      キャスト、スタッフ、ヨコクラさん、ゲストでお越しいただいた松島さん、三味線の皆さん、お手伝いいただいたソメさん、いつも結局助けてもらっちゃうビリ、応援してくださっている皆さま、お越しいただいた皆様、

      本当にありがとうございます。

      なんというか、、、

      すごく楽しかったです!!!



      コンティニュー?


      遠藤みか


      公演を終えて【踊り子2】

      0
        「くるりんクエスト〜ゆめのつづき〜」の踊り子2を担当しました、こだまと申します。
        お芝居を見に足を運んでくださったみなさま、更にはその後の交流会に参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

        マエカブとのお付き合いは去年の合同公演「嘆きの剣、祝福の鞘と」から始まりまして。
        なんだかんだと正式入団させて貰ってから、初めて関わらせて頂いた公演でした。
        踊ってみたり、スラ(ry振り回してやられてみたり、そんなことをしておりました。実は黒子をするのが初めてでして、演出から「もっと黒子の気持ちで!殺意を持ってよ!」と熱く演技指導して貰ったのが強く心に残っておりますw

        まぁ私のことは置いておきまして。
        少ししか関わることができず申し訳なかったのですが、ほんとに素敵な公演だったなぁとしみじみ思います。
        たくさんの方に愛されて、支えられて、そして何より参加者のチームワークによって出来上がった公演なんだなぁと、そう思ってます。演出したあずにゃん、それをすっごい力で支えてたまめさんやスタッフの方々、三味線や落語のパフォーマンス、互いに思いやって高めあってた役者のみんな。。。私はすごいなーと半ばそれを外から眺めてる感じだったんですがw
        この公演に関われて幸せでした。諸事情により一週間前からの合流になったんですが、クビにしないでくれてありがとう…。

        そして、見に来てくださった皆様には心からの感謝を。
        次の公演に向けてマエカブは走り出しております。
        やりたいことが次から次へと溢れ出してくる感じ!寒さなんかには負けません!
        また、どこかの会場でお会いできれば幸いです。

        こだまでした。


        公演を終えて【踊り子】

        0
          ご来場ありがとうございます、ご観覧ありがとうございます!
          はじめましての方ははじめまして、くるりんクエスト踊り子&黒子役その1、浅井です!この記事で顔と名前を覚えて下さいね!


          この写真の左側の奴でございます。


          冒頭で面をかぶって舞ったり、はぐれメt(ryをわさわさ動かしたりしてました。
          あ、あと一回目の公演ではうどん屋の大将もやりましたよ。

          浅井としましてはグズの魔法使いに出演してから1年8ヶ月ぶりの舞台であり、
          緊張キンチョウの舞台でありました。
          してその久々の舞台は、三味線あり落語ありうどんありとサイキョーの面白さ!
          心から楽しませていただきました。
          我々の楽しさまでもが舞台を通して伝わっていれば幸いでございます。


          練習中?の一幕。伝われ!



          楽器調整中。伝われ〜


          さてさてこの舞台「くるりんクエスト〜ゆめのつづき〜」は
          大きな大きなお話の中の1シーンを切り取って舞台にしたお話となっております。
          舞台では描ききれない時間の流れや世界観があるわけですが…その世界のなんと素敵なこと!

          脚本家の黒歴史を暴くわけにはいかないのでここでは言えませんが(・×・)
          入念に練られた世界の上にこの舞台があるわけです。
          僕の、我々の演技は皆さまに世界を届けられたでしょうか?
          こんな素敵な世界を表現する舞台に立たせていただいたこと、そしてご覧いただいたこと、
          すべての人に感謝、ありがとうと言いたいです。ありがとうございます。




          伝説の伝承、これもまた世界を形作るファクターなのです。


          次の舞台もまた違う世界が描かれることでしょう。
          是非またお目にかかれますよう…努力いたしますm(_ _)m


          それでは、また会うときもマエカブの舞台の上で。浅井でした。



          公演を終えて【ワライカワセミ】

          0
            アハハハハハハ!
            アハハハハハハ!!

            ワライカワセミと神々の巫女を演じさせてもらいました。
            ちゃっぴーこと三嶋孝弥です。



            こーんな感じでした。
            ねー、嘴がついてるんですよ、私。

            この嘴、すごいんですよ!



            ほら!
            パカって開くんですよ、パカって!

            この素敵小道具は岡山の劇的集団転機与砲の城尋士さんに作ってもらいました。
            超複雑な構造なのに2、3日で作ってくださいました。
            これがなかったら、ワライカワセミは演じられなかったでしょう。
            ありがとう!すごいよ!城さん!


            観劇していただいたお客様ならわかると思いますが、
            今回の役・・・ほとんど喋りません。
            神々の巫女に変身したらおしゃべりできますが、ワライカワセミの時は嘴を開いて『アハハハハハハ!』と大音量で笑うのが唯一のお喋りでした。
            あ、でも喋らないけれどセリフはあるんですよ。


            セリフは全て動きで表現するんですが、ね。

            頭を悩ました演出の繁中さんは特別講師を私につけてくださいました。


            \ででん/




            はい!RINちゃん先生です。

            二人の協力でなんとか見れるレベルまでマイムを強化できました。
            ありがてぇ。

            真実さん作の黒黒ふわふわひらひらな素敵な衣装。
            豆さん作のワライカワセミの大切な大切な金の延べ棒。

            これらすべてが集まってワライカワセミを形成していました。
            本当に本当にたくさんの人にご協力いただきました。


            最初に喋らなくて全て動きで表現する、と言われた時はどなんするや!?と頭を悩ましまくりましたが
            ちゃんと伝わっていればいいなぁー、って思っています。
            私の中ではダンスとマイムが半々くらいのイメージでした。


            また、今回はお客さんにターゲットを絞らせてもらいました。

            コインをあげたり。



            金の棒出したり



            これでもかっ!
            ってくらいお客さんを攻撃・・・サービスしていました。
            楽しんでいただけたら幸いです。


            神々の巫女も意外と手間取りました。
            私、『オカマ』なら得意・・・いや、できるんですが
            演出からもらった要望は『女の子』でした。
            いや、結構苦労しました。
            こーんなんでしたが。



            なんか、マツコデラックスを彷彿とさせます。
            私だけですか?

            本当にいろんな人にお世話になりました。
            本当に本当に本当にありがとうございました。




            呪われた三人組は大好きですね。
            女(中身おっさん)はいつも守ってくれるから大好きです。
            杖はいつも構ってくれるから大好きです。



            馬も同じ動物どうし大好きです。
            行商人は懐かしい感じがして大好きです。

            ワライカワセミはなんだかんだでみんな好き、という妄想話でした。


            まとまらない!
            本当にまとまらない!

            いろんな人に感謝したいです。



            ありがとーございました!!

            公演を終えて【僧侶】

            0
              ソチ五輪の恨み!

              じゃないや、くるりんクエストで怪力になっちゃった気弱な(もと)僧侶を演じておりました、みやぶんです。



              マエカブに去年入ってからありがたいことに二回目の舞台です。

              今回の役は前回の男勝りとは打って変わって気弱な泣き虫僧侶でした。

              三人組で行動していて、一緒にいる無銭飲食のアネさん(中身おっさん)にいつもひっつかまれて泣かされっぱなし。ワライカワセミのカワちゃんとガクブル震える珍道中。いやぁ楽しかったです。

              そのせいでいじめらめっぷりに定評がついてきましたが・・



              そうそうこれだけは言っておきたいことが!

              今回劇中でヤスオさん演じる魔王の手下に勇者チームが攻撃を受けるシーンがありました。

              そこでわたし僧侶は、精神攻撃として様々な悪口を言われ崩れおちるというオチでした。
              その私への悪口が!毎回違う上に、いわれのない悪口からただの事実まで多種多様でひどかったのでこの場を借りて覚えている限り列挙したいと思います。


              貧乳
              トンガリくん
              実家のひよこ屋をつげ
              アヒル口
              氷川きよしのファンのおばちゃんみたいなんじゃ
              幸薄そう
              ふつう


              そして千秋楽での極めつけが、


              公演後に観るつもりで楽しみに録画していたソチ五輪のフィギュア男子の結果



              これにはセリフではない悲痛なリアル嘆きが舞台に響きわたりました。私の哀しみとは反比例してドッとわく観客と役者たち。

              わたくしめがみなさまのお役に立てたなら光栄でございますよ、ええ、ハイ。

              そんなのもひっくるめて、本当に楽しい稽古と本番でした。

              ご来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!また次回の公演もよろしくお願いします。

              公演を終えて【衣装担当:真実】

              0
                皆様、はじめまして。
                「くるりんクエスト〜ゆめのつづき〜」の衣装を担当しました真実です。

                ちょうど一年前にマエカブに入社した私は、高校演劇の経験すらなく、それゆえ舞台人としての常識をも持っていない、ド素人です。
                なのでこの公演でも衣装がギリギリまで揃わないなど、役者のみんなにも迷惑をかけっぱなしでした。
                それでも「舞台衣装つくりたい!」というごく単純な気持ちで突き進み、演出の繁中氏の考えを聞きながら、しかし自分の妄想と好みを密かに詰め込みながら衣装作りに励みました。

                …ちなみにこの公演の衣装担当No.1お気に入り衣装は寒さをものともせず頑張ってくれた馬です。
                ここだけの話、最初は上半身裸で…とか言われていたのですが、仏心が働き上着を作るに至りました(笑)


                この公演前にはインフルエンザを発症して衣装制作が大幅に遅れ、衣装担当として至らないところも多くありました。
                そんなときに手伝ってくれた繁中氏、遠藤氏、小川氏、マエカブじゃないけどビリさんことビリジアンさん。
                本当にありがとうございました。

                そしてこの公演を観に来てくださったお客様、ありがとうございました。
                次回の公演も、どうぞよろしくお願いします!

                公演を終えて【おっさん】

                0
                  ご来場いただきありがとうございます!
                  女戦士、妻子持ちのおっさんの藤井茉美です。



                  この踊り狂ってる紫もわたくしてです。
                  今回の作品は役名にしても兼名が多かったですね。

                  元おっさん兼女は日々、世の中のお父様方に熱い視線を送っていました。
                  おじさんっぽいと思っていたらモノマネをしてましたが、お客様まで伝わったなら幸いですが( ˙灬˙ )

                  反対におんなのこっぽい、可愛さ重視なのが呪われトリオのみやぶんと三嶋氏です。
                  (カワセミは神々の花嫁ターンにて)

                  ヒロイン的萌えキャラ僧侶


                  仕草萌えカワセミ(巫女)

                  どちらもおっさんにとって大切な仲間です。ここはここで一つの世帯です。


                  しかしカワセミ缶バッチは売り切れッッ!!
                  コンプリートしたかったが、お買い上げいたたきどうもありがとうございましたm( __ __ )m
                  中には全種揃えてくださった方も。
                  ありがたいことです。


                  期間は短かったですが、この作品の一部に生きれたことを感謝します。
                  ヨコクラさんありがとうございます。
                  そして会場に足を運んでいただいた皆様ありがとうございます。
                  一緒に作ってきた同志、スタッフの皆様ありがとうございます。

                  表現が月並みですが、ほんと楽しかった!!感謝!大感謝です!!


                  公演を終えて(手下の人)

                  0
                    「くるりんクエスト〜夢の続き〜」にご来場してくださった皆様
                    そして関係者の皆様、本当にありがとうございます。
                    手下役を演じさせてもらった者です。

                    感想・・・
                    感謝のが強くて感想があんまし思いつかないんだよなぁ・・・



                    魔王様には困らされました。
                    たまに物凄い会心の一ネタをブッ込んでくるんですよ。
                    そんときはお互いにツボに入って続行不能になることが練習であったりなかったり。

                    あとのみんなは素直なものでした。
                    あ。
                    馬がたまに冒険してくるくらいですかね。


                    なんだこれ。
                    感想にすらなってない。

                    困ったときの画像

                    うん、某氏に指摘された通り左手が遊んでる。





                    そうかー
                    この公演も終わったんですねぇ。

                    毎回思いますが淋しくなります。
                    公演まであと〜ヶ月!って言ってても気が付いたら当日で
                    気が付いたら終わってるんですよね。
                    終わってから「ここがこうできた」、「こうしとけばよかった」とか
                    いろいろでてきます。
                    今回も反省点多めです。
                    でも楽しい公演でした。

                    僧侶には悪い事したかな・・・と3分ぐらい思いましたが
                    盛り上げるためには仕方ないよね!と自己完結しました。


                    公演も楽しかった、うどんもおいしかった!

                    さあ、次回もがんばろう!!

                    公演を終えて【ウマ】

                    0
                      皆さま、こんにちは。
                      自称 草原の王様こと馬を演じました。橋本です。

                      舞台上で何度も草原の王!!草原の王!!と連呼していましたが、実はこれ馬が勝手に言ってるだけなんですよね。
                      それが生まれてから3年の馬らしいところなんですけどね。



                      土日は ご来場いただきありがとうございました。寒い中でしたが、2日間で計100人以上の人達が足を運んでくれたそうで、団員一同喜んでいます。




                      今回はうどん屋さんの店内という特殊な会場なので、いつもと変わった演出が楽しめていただけたと思います。

                      座っているお客さんに熱い視線を送ったり、目の前でうどんを食べたり、コインをプレゼントしたり。
                      お客さんとの距離が近い公演だからこそ、いつもと変わったことに挑戦できました。


                      また雰囲気のあるお座敷で、三味線奏者さんが場を温めてくれたり、高知の松島さんが落語やうどん屋店長で出演してくれたりと、マエカブ以外から、色々な方からお力添えをいただきました。


                      あと、快く会場を貸していただき、交流会のうどんを作ってくれたヨコクラうどんの店長さん。この方のおかげで素敵な公演ができました。ありがとうございます!






                      アンケートを見ていると、公演に来られたお客さんから寒くないのかという質問を多くいただきました。

                      不思議と舞台上にいるときは寒くないんですよ。
                      上演中は照明が照らしてるせいか、それとも、お客さんの熱い視線を受けてるせいか、あまり寒いと思いませんでした。
                      むしろジャージを着て、舞台セットをバラしてる時の方が寒いくらいでした。人間の体って不思議ですね。



                      今回、行商人として主人公を演じたがみやんには、引っ張られてばかりでした。
                      練習中、いつでも落ち着いた態度でそつなく演技をこなして、皆を引っ張っていってくれる。
                      今回、ともに舞台にたって同期ながらスゲエと思いました。
                      羊飼いの感想で馬カッコいいと書いてありましたが、行商人が一番カッコいいと思います。特に魔王城で裏切るシーン。

                      彼の演技があったからこそ、シーンの空気がガラリと変わったと思います。やっぱり神々の巫女に選ばれたものはスゲエや!!

                      余談ですが、馬も行商人、缶バッジ買いました。やはり馬は勇者よりも行商人が、好きですね。




                      今回の舞台、おっさんらしい演技で観客を引き込んでくれた女。


                      アネさん瀕死のシーンで気迫の演技を魅せてくれた僧侶。


                      舞台の癒しだったワライカワセミ。


                      舞台内外ともに盛り上げてくれた闇将軍。


                      お客さんを笑わせまくった魔王様。


                      役者だけでなく制作でも力を奮われた娘。


                      忙しい中参加してくれた踊り子の3人。


                      音響、照明、衣装、スタッフさんと関わってもらったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。


                      最後に、寒い中舞台を観にきてくれたお客さんの方々。
                      本当にありがとうございました。


                      橋本琢真


                      | 1/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      others

                      mobile

                      qrcode